イギリスを主とする海外コメディをガツガツご紹介するブログです。産地直送のイキのよいコメディ情報を独断と偏見でピックアップして(だいたい)絶賛します。***トホホな事情が発生して今まで書いていたGo Johnny Go Go Go を更新できなくなってしまいました(涙)今までの膨大な海外コメディ記事はhttp://komeddy.blog130.fc2.com/です。


2020年5月21日木曜日

今週(5月18日週)見たオンライン・コメディ→ 手抜きなしのW1AのZoom ミーティング、Daniel Kiston過去作3カ国1週間限定上映とかCharlie BrookerのWipeシリーズとか。


W1A Zoomミーティング 

今週はDaniel KitsonのThe Interminable Suicide of Gregory Churchを観て、他に何にも観なくてもいいやーというほど充実気分でいたところ、Chortleさんの「いきなりアップされてた」って記事を見かけまして、観に行ったら、ほんとにいきなり、なんじゃこれ?みたいなアカウントでマジのリアルW1AチームのZoom ミーティングがアップされてました。(最初、BBC iPlayer行っちゃったよ)


W1Aは ここで紹介してます あまりにリアルすぎて関係者(ツイートで)笑いを超えて引いていたのが記憶に残っています…

もしかしてシリーズ進むに連れ、即興ベースになったのかもしれないけど(→詳しく覚えてない)、このズームミーティング、いつものW1A感たけなわの素晴らしクオリティなんです。わざわざスクリプト書き下ろしてるよね…で、それをやったってことは、もしかしたらこのご時世を機に、終わらせたはずの W1Aが正規復活させる気があるってことかも? と色々勘ぐってしまいます。Twenty TwelveおよびW1Aを観てた人は絶対ゲロ笑いできるので、観てください。

その、Daniel Kitsonの2009年作The Interminable Suicide of Gregory Church


そのお知らせは(いつも通り)いきなりきまして。全てはロンドンで一番素晴らしいコメディクラブ(の一つ)Angel Comedy/Bill Murray pubを救うため、Kitsonは取り分一切なしで、コンテンツ化しようとして10年以上放っておいた2009年の作品を編集し、オンライン上演するよ、と。イギリス、NY、メルボルンで1週間、毎晩9時から。金曜日のお昼休み、ファンはいつも通りの戦いに挑む一方、教えられたチケットサイトはKitsonの威力を全く知らなかったようで、瞬間パンク。オレは完全に大群にもみくちゃにされ、全くチケットサイトへ入れない状態に。お知り合いはサイトに入れたものの、3時間以上かかってようやく買えたとか(→つまりガチ戦闘時間3時間強)
マジです。このご時世で、チケットサイトがパンクし、3時間以上(ヴァーチャル)でもみくちゃにされながら並んで買う。それがDaniel Kitsonなのですよ、みんな。

サイトは、早急に改善アップデートに入り、仕切り直しで月曜日朝9時に再発売。よくあるヴァーチャル列に並ぶ状況が目で見えるヤツを導入してくれたのと、オレ20分前からクリックしてたら9時前よりも列ができ始め、9時になったらすぐ買えました。あーよかった。
このお話は「全てKitsonの創造」と前置きをする一方、「実はリアルで最近さー」と始まる物語。オレがいつものKitson大絶賛をしているのは↓
これは最後のズトンが悲しい現実ではないので、ほっこりする種類の方です。


以下は掴み的なあらすじなので、要注意↓

 ロンドンの友人たちがだんだん郊外で住むようになっちゃって取り残された気分になったもんで、地元(North Yorkshire)のいい環境にあるところに家買っちゃおーかなーなんて思って物件見に行ったら、その物件、不動産屋のにいちゃんがないって言い張ってたのに屋根裏があってね…オレ、屋根裏とかめっちゃ好きなのよ。あの雰囲気というか空間というかおいてあるもののとか匂いとか全部好きなのよ。でも不動産屋のにいちゃんは屋根裏ないって言った手前、「いやあれは、屋根裏のふりをしてる」といって、自分の注意をそらそうとものすごい努力する。で、隙をついてその屋根裏のふりをしているドアをジャンプして叩いたら、ちょっと開いちゃってね、ちょっとだけ、ちょっとだけ待ってて、ってにいちゃん待たせて、そのまま上がっていったらさー…

その他

今週じゃないんですが、Richard HerringのRHLSTPのLimmy回が最高に面白かったので、すいません、グラスゴーのトップ芸人は世界一って思っちゃうレベルのグラスゴー贔屓で。1時間半近くあるなんて全く思えないで笑ってるうちにみ終わっちゃいます。


最後は、ついにメイン放送局番組紹介(汗)
Charlie Brooker Anti-Viral Wipe


あのね、岡村さんのね、ANNの件(一応相方が一緒にやりますみたいな形でおさまった?)あとと重なり気味だったんで、ふと思ったんだけど、ここでね、コンテクストを全く読めないで、彼がやってること、そしてここでやってることが全くわかってない人が見たらここの中での彼の中国やアジアに対する発言を「中傷してる」って怒っちゃうのかな、って。誰がどんなキャラで誰相手にどういうことを言っているのをどのように解釈するのか、って、その全てが足並み揃わないと、笑いって成立しないんですよね。あとね、メンタル・ヘルス問題ね。考えちゃいましたね。

というわけで、本日はTony Slatteryのお笑いとメンタルヘルスの番組があるので、必見です。


以上でした 

2020年5月10日日曜日

ガッドさんとスティーヴン・グレアムとダニエル・メイズという豪華競演のコメディシリーズCode 404(英国はSkyTV)観れるようだったら超オススメです


こんにちは。Gaddウォッチャーのイナムラです。(Gadd = リチャード・ガッドさん。オリバー賞のなんとか部門でBaby Reindeerでノミネートされてるガッドさん)

GaddさんがパイロットのScriptの段階から絡んでいるということを知っていた所為で、2年くらいそれはそれは楽しみに待ってたコメディCode 404、4月29日ついに配信始まりまして* 配信その日に全話一気見しました。感想を書こうと思っていて、ここまでずれ込みました。

英国エンタメファンの方々は、Stephen GrahamとDaniel Maysの豪華キャストが主演なので普通に魅力満載かと思います。英国っぽい(アメリカみたいんな派手さのない)近未来っぽい設定なのでそれにしちゃやけに低予算なバディ・コップ・シリーズ。この時点で十分面白さが伝わるかと思いますが、まずはトレーラーを(日本でも観れますよね)


【お話は】

犯罪課で敏腕の警官パートナー同士のジョンとロイ。ところがある事件で、ジョンが殉死しちゃいます。それから1年後、ロイがジョンの墓を訪れ、彼の死を偲んでいると背後から現れたのは、なんとジョン。死んだんじゃなかったのかよ?! 心臓止まる勢いでびっくりするロイに、ジョンは「いや、死んだんだよ。死んだんだけど、最新の医学とAIテクノロジーで生き返った」つまり自分のメンタルは残ってるんだけどいろんなところで人造人間なんです。彼の犯罪捜査の能力を失うのを惜しんだ警察がアメリカのテクノロジー会社と組んで治験的に始めたんですね。治験なので、色々不具合があるんですよ。特にメモリーとか言動とかね。でも成功しないと米会社はスポンサーを失う。なので絶対に成功しないといけないという状況。
ジョンはメンタル生き返ってるんで、自分の手で自分が死ぬことになってしまった事件を解決したい。またどうしてもぬぐいきれない途切れ途切れの記憶をはっきり思い出したい。しかし、その事件は別の刑事たちが担当になっていて、まるで譲ろうとしないんですね。また途切れ途切れの記憶は、ロイにとっては思い出されると壮絶都合の悪いものでした。

その一方、ジョンとロイはほぼ毎回新しい任務を課せられ、”不具合”が起きると新しいソフトをインストールしたりして、実験は続いていきます。

【秀逸なスクリプトだなと思いきや】

しょうがないですね。作家のDaniel Peakさん、この作品でついにフルタイムで作家さんみたいなんですが、やけに優秀な脚本、と思いきや、やっぱり(汗)




オックスフォード大卒ですよ。まあねー(汗)オックスブリッジ・クオリティの種類がブランド化してるというか。同じ匂いがしますよね。(久しぶりにバスデン・クオリティ、って思ったんですよ)
ただし、かなりベタな笑いもあることは事実です。しかしそこがベタに感じないのは、役者2人の才能のおかげだと思います。ほんとにこの二人の役者さん素晴らしすぎますね。

余談ですけど、ダニエル・メイズとスティーヴン・グレアムってBBC2のここ10年で一番視聴率の高い(4百万人がオンエアを固唾を飲んで見るという)Line Of Duty シリーズで、シーズンごとにいるゲスト主演みたいな役を演じた二人でして(ネタバレるから言えないんだけどとりあえず二人とも劇中に死んでる)。おなじ警官ドラマだし、ちょっとパラレルワールドで(笑 オレ、実は オンエア時にハッシュタグつけて実況するくらいどんハマりしてまして、しかもネトフリに上がった時にも見ちゃったから多分2−3回くらいリピート再生してるかも(汗)ドラマでここまでハマったのはけっこ久しぶ…あ、Peaky Blindersもか。ウソかも(汗)

【ねえ、ガッドさんの話何もしてないじゃん】

そうそう。これ、実はパイロットの時にガッドさんも脚本執筆にちょっと関わってた&刑事役ででるよって情報をChortleさんで昔手に入れてて、ガッドさんにツイッタで聞いたことがあったんだけど、ガッドさんがちょうどツイッタ離れてる時期(→恐ろしい世界だからメンション等のnotificationは一切切っている)で、そのまま流れちゃって。このシリーズが本格進行のニュースが流れてた時も、スチール画像で一切出てこないし刑事役じゃないっぽいから、確証がないまま、レーダーだけ張っていた。というわけで、刑事役じゃないです。1話目ではとりあえずヤク中のチンピラ役。つまりひねりがあるので、ぜひご注目を。ヤク中でやさぐれたガッドさんはオレのストライクゾーンなので、めっちゃカッコいーと言いながら見てました。

あとガッドさんとメイズって別のBBCドラマで共演したことがあって(相手役)メイズがガッドさんがベストキッサー(Best Kisser )に認定してたんですよ!


View this post on Instagram

WHO LIKED EP1?! #Code404

A post shared by Richard Gadd (@mrrichardgadd) on

2020年5月3日日曜日

…コメディ部、YOUTUBEデビュー: 第1回はNetflix配信のせつないロマコメ Feel Good・フィール・グッドの魅力


みなさんこんにちは。
基本的にイナムラ @whiteanklesocks がじこまん的な忘備録として延々続いている本ブログですが、コメディ部的なものは存在してまして(注:部員は24/7募集中です。声をかけてください)仲間のKenくんから、

時代はYOUTUBE

の言葉を受け、エイカスターゆかりの地巡りも一緒にしたNaviさんも一緒にYOUTUBEを通して海外の素晴らしいコメディの紹介をはじめました(編集クレジット:Kenくん)。1回目は、ネトフリ配信の「フィール・グッド」。カナダ出身のめちゃくちゃ才能あるコメディアン、メイ・マーティンちゃんが企画、脚本、主演、 Fresh Meat他で大人気の(コメディ系)女優さんシャーロット・リッチィが相手役を好演の(ちなみに! 日本でも大ヒットした(はず?)90年代米コメディ「フレンズ」のフィービーで有名になったリサ・クードロゥがお母さん役)、笑えるんだけど、ビタースイートな傑作シリーズです。英国では大変評判も良く話題なんです・・・



このドラマの基盤的なショーの感想が以下になります。参考までにどうぞ。動画で喋ってることは彼女のこのショーが情報ソースになります。
http://www.gojohnnygogogo2.com/2015/08/edinburgh-fringe-2015-mae-martin.html


次回はフリー・バッグ、その次は・・・アフター・ライフ2って一応企画中です。アフターライフ2の記事の反応が(オレのせいで)1に比べて悪すぎるので、やめるかも…


2020年4月29日水曜日

コロナで超番外編:ウーマンラッシュアワーの村本さんのZoom 独演会 鑑賞しました、の感想。


【たまたまこの記事にたどり着いてしまった方へ】
いつも読んでいただいている数の超少ない方々とは全く違う、村本さんのファンの方々の目に触れる可能性があるかもしれないため、感想を書こうか否か、めちゃくちゃ迷ったんですが、一回アウトプットしとかないと気が済まず…。コメディのものすごいオタクによる忘備録になります。

【 zoom live comedy 鑑賞までの経緯】

ここ25年強は気ままーにしか日本のお笑い界を追いかけておらないです。ウーマンラッシュアワーを知ったのは2017年の年末のThe Manzaiのネタを元職場の先輩が大変褒めていたのを聞いてから、という遅さです。(マジですみません 汗) 日本でこのタイプのポリティカルコメディが激レアなので笑いの作り込みとか印象に残り、” You TubeクリップでやってるJonathan Pieっぽいな”と印象を持ってました。
本格的にネタをもっと見たい、と思ったのはこのコロナからです。村本さんの毒舌ツイートがRTで回って来るようになったのがきっかけです。得意のサイバーワールド発掘を始めたものの、昔のクリップは出て来るんですが、へんてこりんな炎上?スキャンダル?みたいなのは出てくるけど、昔6−7年前くらいしか全然出てこない(→注:経緯はわかりました)で、3−4年くらい前のが少々拾えたのですが、芸能ネタの毒舌ばっかりで、長くて尺8分。最低でも20分、真っ当に観たぞ&感想持つなら尺は最低30分以上60分は見ないとわかんないのに。8分じゃ全然わかんない。ただここまででわかったのは、コンビじゃない。村上さんのソロ・ワークだ、です。なのでマイク一本持ってのコメディが気になってしょうがなくなります。オタクなのでしょうがないです。

そんななか、Zoom で見れるという情報をゲット。こっちの通常のチケット・セールスの感覚でちんたらしてたら全然取れない。そこでエイカスター・モードにギアを切り替えたら(テンパっても)取れました。「チケット取れない」を2−3回くらい経験したので、取れた時の感動ったらなかったです。ついったのフォロワーさんも声までかけてくれる人がいました(→よほどうるさかったに違いない)

【どんな感じだったのか

結論から言うと、オレが観た40分強セットは、こっちでよく見るwork in progress 的なもので(→Zoomの非常事態なのに、いわゆるスタンダップのショーだった。座ってたけど)整えてNetflixでショーとして出しちゃって字幕つけて世界に配信しちゃえばいいのに、と思いました。今回聞いたネタ全部、類似テーマで一貫させやすいし、日本の社会問題をスタンダップコメディを通して知る、って世界ウケすると思う。(→テレビでできないコメディをやると言うのが ネトフリコメディ枠のウリだし)あと海外のスタンダップ見てもなんかピンとこないという日本の方に、欧米の人は楽しんでいるスタンダップコメディってどんなもんなのか、なんとなくわかってもらえそう、と思いました。

ちなみに構成は
冒頭12分程度ウォームアップ 

5−6分 ネタ1

今回のメインかなぁ。運がめちゃくちゃ良かったんだと思うんですけど、strong routineだと思われる1本が観れたんです。

ネタ2 *独演会のPRクリップで観た3分ネタのテーマと同じだったので、もう一本strong routine観れるか?!と思いきやさすがにそこまで甘くはなかった(笑 

上記テーマから比較的繋げての小ネタで、シメ。次はここ調整して、最初のネタ1と繋げてcatherine wheelにする予定なのかなぁ。

オチづくりの視点とオチ自体は軽いところに持って行かれるスタイルなのですね。話すテーマが真面目な社会問題だからバランスとるのかな。欧米のポリティカル・スタンダップだとあまりないオチのスタイルなので欧米の人、新鮮と感じるかも? (多分それもあってPieかなーと)

村本さんもセットの中でちらっと語っていたけど、周知されるべきなのに埋もれてしまう問題をarticulateに表現し、より多くの人に伝えるってこと自体が、大変大事なことだと思ってる派です。(その意味で、オレは現在のPieオッケー派です。アレは必要)特に日本はその量があまりにも少なすぎるから、欧米よりももっともっと重要だと思う。そして、同じようなことをやる芸人さんがもっと日本にも多く増えればいいなーと思います。
今ちろっとチケットサイトをのぞいたらもう1組、オンラインでやってる芸人さんたちがいるのかな?でもポリティカルじゃないですよね。

ヨーロッパだとお昼時間に見れました(アメリカだと超早朝か丑三つ時くらいなのかな?)多分今後もしばらくキャッチできるチャンスがあると思います。→https://peatix.com/group/66295

2020年4月26日日曜日

(バスデンさんが義弟役で超!好演で有名な)リッキー・ジャーヴェイスのNetflixシリーズ、アフター・ライフ(After Life) シーズン2観ましたよ、の感想レポートです *もしかしたら、ネタバレかも… 

こんばんは。
今回は、一番よく読んでもらっているリッキー・ジャーヴェイス関連記事になります。
Netflix配信のAfter Life のシーズン2が配信になりました。



オレのリッキー・ジャーヴェイス作品の感想はかなり複雑なので、もし!可能なら&さらにつっこみたい方は、シーズン1の感想 http://www.gojohnnygogogo2.com/2019/03/tvafter-life.html も合わせて読んでいただけたら、嬉しいです。

【そういえば!超備考】今年2020年のゴールデングローブ賞のスピーチ、秀逸でしたね。多くの方々からも絶賛されていました。なぜ?! おまえ、眉毛をコイル巻きにして観ていたんじゃなかったのか いえいえ、違うんです。これは、2011年の1回目から着々と積み重ねてきての5回目なのです。つまり「ゴールデン・グローブ」での「リッキー・ジャーヴェイス」の「スピーチ」がシリーズ・コントのようなお膳立てがすっかり設定されている。リッキーは「リッキー・ジャーヴェイス」が喋るだろうことを遊びたい放題喋ることができるのです。というわけで、とても頭の良いスピーチだった、と本当に思いました。

【シーズン2のお話は】

奥さんを亡くし、人生投げやり、世界も自分もどーなっても知ったことじゃない、だから、他の人もどうなったって知るもんか、人を傷つけたって迷惑をかけることになったって関係ない…と思っていたトニーが、次第におまえだけが辛いんじゃねーんだよ、みんながそれぞれいろんなことで辛いんだ。互いに「思いやり」で猛烈辛く苦しい世の中をなんとか生き抜いていくもんなんだよ…と悟っていく様を中心に描いていたシーズン1。シーズン2は、人の気持ちにお構いなく毒を口から出さなくなったトニーが、

以下から、もしかしたらネタバレかも?!(ストーリーは細々説明しないのですが)気をつけてください。
--------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------

シーズン1とほぼ同じパターンで1日を過ごしています。彼の周囲の人々や彼を取り巻く環境は様々な変化が起きる一方、彼だけはまるで変わらない。変わろうとしない。相変わらずオープニングとエンディングでは亡くなった奥さんの生前のビデオを観てワンコをそばに置いてさめざめ泣くんです。変化が起きて対応しなければいけない人や、新たな何かが起きた人と関わるときも、(奥さんを失っての)虚しさとその奥さんとの過去から離れたくないゆえの変化への拒絶が描かれていきます。
つまりですね、シーズン1と変わらないんですよ… 1話目はリキャップみたいなもんもあるんで抵抗なかったんですが、2話目も全く同じパターンで変化が何にもないわ、トニーが事あるごとにメソメソするわで、ちょっとこれGroundhog Dayじゃないんだからさー(汗)第3話以降もこのままなの?ここで文句はまだ早いよねぇ…と不安にかられながらクリック視聴を始めてほどなく、A-Ha. ですわ。

オレらがこう思うことを全て計算済みのプロット展開だったんです。証拠にトニー自身がGroundhog Dayっていうんですよ。
ていうか、このシーズン2のテーマがGroundhog Dayだったんです。第3ー4話以降からトニーはGroundhog Day を守れるのか、守りたいのか、それとも抜け出して次へいきたいのか。トニーのそんな心情を中心に、おなじみの登場人物たちの人間模様とともに繊細に描く・・・heart wobblingコメディです。


以下は箇条書きで今回の見どころ的なところを極めて独断と偏見でよりぬきました。シーズン1でお話ししたこともご参考にしてください。

1. (アシュリー・ジェンセンはいちおスコティッシュだけど)超豪華イングリッシュコメディ陣が勢揃い。
イングランドでは(コメディ好きの間では)知られている才能あるタレントをピックアップし国際的なスポットライトを当てるという意味で、このシリーズは大変重要な意味を持っていると思います。シーズン1の感想であまり触れてなかった(またはバスデン情報に紛れ込んでいるか、のどちらか)かもしれないので、ここであらためて書き出したいと思います。あ、バスデンさんは割愛します。(→してないけど)
Tony Way ---- 多すぎるんですけど、最近は、義理恥に出てましたね(汗)
Diane Morgan--- Philomena Cunk のキャラで Charlie BrookerのWeekly Wipeに出ててめちゃくちゃ人気になったのちに冠番組でCunk on シリーズをやってる
Kerry Goldiman--- 最近Taskmasterで知名度がグーンと上がったかも
Paul Kaye--- キャリア多すぎるんですけど(役者としてめちゃくちゃ出てるんで)あ、マチルダの感想で書いてたのを見つけた!http://komeddy.blog130.fc2.com/blog-entry-368.html
Roisin ConatyMan Downで一躍有名になったのではないかしら…
Joe Wilkinson-8 out of 10 catsとかね。Him & Herでやってたキャラでよく出ますね。
David Earl (Brian Gittins)  デレクでね、出てますからね。
Penelope Wilton 日本だとね、ショーン・オブ・ザ・デッドのショーンのお母さんなので一発であ!と思われるのではないでしょうか
David Bradley ハリーポッターシリーズでね。有名になっちゃってますけどね

あとS2でColin Houltが追加投入され、その経緯もどうもいきなりリッキーから電話がかかってきて、ウソだろ、友達のプランクコールだ、って思ったっていう(本人ツイート談)よかったよねー(涙)
リッキーの一本釣りスタイルは前にDeadly Siriusでも話した気がします

すごく!意地の悪い言い方をすると、これだけイングランドのコメディ陣営を作るので、小さく、友達の友達は皆友達のように何かしらで繋がり支え合っているイングランドコメディ界は、応援に回ります。口は災いの元ですからね。オレのツイッタTLで重箱の隅つつき隊はこのシリーズに対するコメントのなさ加減といったらないですよ。そんないぢの悪い解釈は置いておいても、実際、このS2, とても上手に作られていると思いますので、絶賛までは行かずとも、の沈黙なのだと思います。

2. トニーが元々の(リッキーの)パーソナが伺える言動をする時が圧倒的に少ないので、たまに出ると、はは!と笑ってしまう

奥さんにちょっかい出すとか、いぢるとかするとき、ちょっと相手が困るような言動をするときとか、頻度とレベルが、非常に少なく低いので、ハートウォーミング(笑 な気分で笑っちゃうんですね。全て計算づくでしょう。(しつこいようですがリッキーはめちゃくちゃ頭が冴える人なんです)

3. 第5話でのDavid EarlのキャラBrian Gittinsシーンがあまりに典型的な(リッキー・ジャーヴェイス・ショー時の)リッキーらしいジョークでメタ&バンターだったので、説明補足を・・・
Brian Gittinsってこのシリーズでリッキーが作った登場人物じゃなくて元々あるDavid Earlのキャラなんですよ。かなり長ーーーーーーーーいことやってる(た?)んですが、オレはちょっとパスな種類の笑いなので60分のショーは見たことないんだけど、実はマジで一回第5話で披露してるネタスタイルで進行したショーが、酷評の嵐すぎた上にChortleのBennettさんに痛烈な苦言(ベネットさんは力のある芸人さんには寄り添って評を書くので、ある程度の信頼を得ている、といっても間違いではないかな?)を書かれて、もう二度とやらねー宣言をしたんですよ。なので、そこがわかってると、このシーンを、バンターでメタなリッキーらしい”イヂリ”ジョークと見て取ることができちゃうんですね。

4. 第6話で8歳の女の子にカミングアウトした60近いお父さんを取材するシーンでみるリッキーのトランスジェンダー観

これもね、 「Caitlin Jennerほど変わってないけど、色々変わった」って言ったことで問題に発展しちゃったゴールデングローブ賞(笑)スピーチとか、2018年で行ったショー、Humanity ツアー(→Netflixでまだ見れまーす)でこの件さらに引っ張ってネタやる(笑)、とか、その後もトランスフォビックなツイートしたとか叩かれたり**。その経緯とこのシーンはかなりリンクしてると思います。
この8歳の女の子にカミングアウトしたお父さんをトニーはトランス問題じゃなくてブレイクダウンだろ、と。そしてレニーが今のLGBTの状況を徒然に語り、「昔はこうだったこと今は消えちゃったし、もう週末(スタグナイトで)男子が女装をしてみんなで笑う、みたいなこと、しないよねぇ?」みたいなこと言ったら、ぴしゃりと「そんなことで笑うもんじゃないし、昔から笑うもんじゃなかったんだ」って言うんですよ。
この真っ当なジェンダー観が見えるやり取りは、裏にジョークはジョークなんだ、文脈読み取って区別しろよ、というメッセージが込められている気がしています。とはいえ、この渦中のジョークについてはかなり「表現の自由」に絡んでしまう問題ではあるので、大変気をつけなければいけない。コロナが終わった後にでもまとめてアップしたいと思ってます。

**ジョークと理解されてないことは論外として(笑 文脈をきちんと吟味して読むと、槍玉にあげられたジョークは、微妙すぎるラインを行くけど、明らかなアウトではないんじゃないの、というものでした。

5. S2のお笑いハイライトといえばPaul Kayeとバスデンさんのシーンだよ

S1でも登場してた心理分析医がS2では別居中で精神的に悩むマット(バスデンさん)を担当。そのセッション中の数分のやり取りが、スケッチコメディのシリーズ物みたいに笑えるんですよ。まるでTim KeyとBasdenさんのコンビ芸を彷彿とさせるような秀逸さなので、S2を完食したらぜひ、このシーンだけピックアップしてみてください。以下がそのタイムコードです(え?)
第1話 17:00
第2話 14:20
第3話 8:58
第4話 2:00
第5話 5:20
第6話 2:30


とりあえず、言いたいことは書いたかなぁ。と思います。思いついたら追記してるかもしれないです。第6話結構ボロっときそうになります。アシュリー・ジェンセンのせいです。The Extras視聴者の気持ちをわかってくれたエンディングでした!

追記:個人的にはこれで終わり。あってもこの後スペシャル1本か、どんなに頑張ってもS3で終わるのが一番いいと思います。先が見えないもん。これだけの才能のアッセンブルなので、リッキー独裁政治じゃなくて、各自キャラクターでインプロさせるイアヌーチ・スタイルにしたら広がると思うんだけどなー。


2020年4月20日月曜日

今週のおすすめ英国ライブコメディ(オンライン)情報⭐︎コメディファンは参加してね⭐︎2020年4月19日付


いやいやいや。
いやいやいや。

ボリス・ジョンソンは決していい首相じゃないですよ。コブラミーティング5回はすっぽかしてるんですから。
保守党内閣は全然!国民を守るいい政治をしてないですよ。中小企業は見殺し的な行為をしてますよ。日本やアメリカと二人三脚みたいなことやってますよ。(以降略)

英国も最前線で闘う医療の人たちになければならないギアが恐ろしく足りてなくて、たくさんの団体や機関、偉い人や芸能人がチャリティ企画を立ち上げてます。そういうところからお金がたくさん集まっています。本来は国がやるべきところです。

EU離脱YESキャンペーンの時に EU離脱したらNHSに毎週3億5千ポンド、とうたってグルグル回ってたボリス・バスが国民の心にホーンティングです。 今もツイッタの#トレンドがBoristheLiar…

その一方で、もしかしたら英国は感染者のピークがきたかもしれないというデータや(全然安心してはいけない)オックスフォードの研究機関からワクチンに関するのグッドニュースが出たりして、ちょっとだけ心が↑。

そんな4月19日日曜日、英国ロックダウンからしっかり1ヶ月経った今、嵐の海へ浮き輪もなく投げ込まれたような英国エンタメ界は足場を随分しっかり作り上げてきました。大量生産でもあります。そんなわけで、今週から オレのおすすめをいくつか紹介していきたいと思います。

1) Always Be Comedy (英国時間4月23日(水)20時より)

ちなみに ZOOMのライブコメディのレポートはこちら



新しいオンライン・ライブ・コメディ・クラブAlways Be Comedyが立ち上がり、毎週水曜日20時より2時間くらい。Zoomのwebinerの予定だそうです。なので定員500人かな?
毎週かなり強いラインアップです。皆さんもテレビやネトフリでお馴染みレベルの芸人さんがブッキングされています。
ちなみに23日(水)は
Sara Pascoe & Steen Raskopoulos* & Mystery Guest & Suzi Ruffell & Nick Helm
と魅力的すぎるのと、Webinerのライブの印象やセキュリティ問題、ビジネス的な観点含め、気になることが多いので、オレは参加することにしました。
参加料は5£。
チケット購入は以下から。
https://www.alwaysbecomedy.com/tickets

ちなみにNick Helm/ニック・ヘルムのファンで水曜日の夜に都合の悪い人(ロックダウン中に都合が悪いとかあるのか?)、Outside the Boxという現存するコメディクラブも同じことをやり始めており、火曜日夜20時もNick さんをキャッチ可能です。お値段一緒。三人ブッキングで2時間枠らしいから一人頭の尺長くてこっちの方がNick Helm一点絞りならお得かも?Zoomもwebinerじゃなくて会議タイプだとコミュニケーションも密に(笑 お値段一緒の5ポンドだし。
チケット販売はこちら https://www.wegottickets.com/event/501509

2) Show And Tell (英国時間4月22日(火)および25日(木)21時より)

 先週ZOOMによるライブ・コメディで絶賛レポートを書いたShow And Tell at Home シリーズは続いており、今週(火)は腹話術コメディで有名なNina Conti(→おっかしいなーどっかで感想を書いてるはずなんだけど見つかりません!)と数年寝かせたら予想通り素晴らしいspoken wordsよりの芸人さんになったRob Autonくん。木曜日はまだ未定?何しろまだ1£という段階なので、オンラインのライブコメディ自体に興味がある方は、お試ししやすい価格かと思います。

3) Next Up Comedy がほぼライブコメディチャンネル化。
https://www.twitch.tv/nextupcomedy/
ロックダウン1週間以内で活動の場を失った芸人さんをサポートするプラットフォームおよび様々な投げ銭方法を立ち上げているNext Up Comedy。
Twitchをプラットフォームにライブ生配信時間以外はロックをかけてチャンネルをsubscriptionした人だけにし、生配信中にNEXTUPCOMEDYに加入すれば出演中の芸人さんに50%、生配信中に直接芸人さんに投げ銭も可能、と何から何までがんじがらめに芸人さんを守り収益を得る対策が素晴らしいです。新たに自分でプラットフォームを立ち上げるよりは楽&ファンベースも同じということで、多くの芸人さんがここで枠をもつように。結果先週末くらいから実質コメディ・チャンネル化。スケジュールはこちら

ちなみに 今週はこんな感じ!(念のため英国時間)
日曜日のお昼Virtue Chamber Echo Bravoはどうもレギュラーの日曜お昼のヒーリングタイム(嘘つけ 爆)になりそうなので、もしお時間あれば。オレはVCEBのスピリチュアルメンバー(あるのか?)なので初回の礼拝(?)に参加しましたが、げ、それはさすがにライン超えてんじゃねーか的な微妙な発言がひょこひょこ顔出して正直ヒヤヒヤでした(汗)。当たり外れはもともとあるのはご本人たち公認なので、もしあたりが悪かったらご容赦を。ただ、チャットのはずが互いに相手のこと聞こえてないみたいに進行するのも、20分くらい過ぎたところで「投げ銭100ポンドになるまで延々続くよー。嫌だろ、みんな。やめて欲しかったら投げ銭だ!」となり、途中でブッツリ放送終わっちゃうっていう、全体的なスタイルとしては、期待通りのものを見せてくれるかと思います。注:そうそう!Phil NicolさんEverybody is Talking About Jamie!で 昨年秋かな?からロコ役やってる人だよ! だからみてー。

他にも、金曜日のMichael LeggeさんのShit Dinner Partyは今の所単発で楽しそうだし、土曜日のAnna Mann(Colin Houltのキャラ。絶対!どこかで説明してるのにまた記事が見つかりません。なんで?苛) のIsolation Partyはレギュラー化かな?ゲストが結構豪華で先週はMae Martinちゃんとかが出てたので今週も期待できるかも!

というわけで引き続き注目ください。

4) BBC2(またはBBC Scotlandの)Limmy's Homemade Show
Limmyはやっぱり賛否両論なのかもしれないけど、ある一定の層は一貫してすげえ天才だと評価していて、オレもしつこいけどある種の桁ハズレの天才だと感動せずにはいられないです。このHomemade ShowVineを繋げただけの短編映画はその最たる例だと。

英国内の人はBBC iplayer で視聴可能ですが、圏外の人はYouTubeで…と思いきや!ああ、削除すぐされちゃうみたいですね、やっぱり(汗)
このリンクをクリックしても削除されてたらすみません→ https://www.youtube.com/watch?v=ae1MWgR47S0&t=1s

スタイルは2年前のパイロットと一緒なので、こちらをとりあえず。



Twitchでやってるゲームとかはどうでもいいんですけどね(笑 (ゲーマーじゃないのでわかんないだけです)

5) Audible が超!有名人ばかり集めての小話ポッドキャストシリーズを無料で始めたよ
 Audibleってイギリスではアマゾンと繋がってしまうのですが、日本はどうなんだろう。
とりあえずリンクを貼ります。
https://www.audible.co.uk/pd/Locked-Together-Audiobook/B086XCP151


もはやこのブログではカスリもしない大物のセレブ芸能人たちがこぞって小話提供をしております。(→ほっといてもこのレベルなら日本の英国エンタメファンに情報が勝手にいきわたっちゃうよね、と思っているからです)発言力のある人たちが皆騒いでくれるのでいいや、と思って、全て割愛。サイモン・ペッグとニック・フロストが参加者のうちの二人です。他にもいっぱい有名人いるけど、サイモン・ペッグと!ニック・フロストが!います!!

6) コンテンツ配信サイトComedy Crowdでジェームズ・コードンのLate Nitenにも出演しちゃって(このご時世に)旬なブームが止まらないMichael Spicerさんのレギュラーが始まるらしい

アメリカのFunny or Dieみたいなのを目指してるんじゃないかと思うけど…コロナ前から存在しているコンテンツ配信サイトです
https://comedycrowdtv.com
(注:コンテンツは見たことありません)

ここで以前紹介した今が旬!(どんだけ強運なんだ!)のマイケル・スパイサーさんがレギュラーでコンテンツ配信するそうなんですよ。Room Next Doorは本当に面白いのでぜひお試しください


7)Inside Aaron (YOUTUBE無料公開)
あのね、Arron Cheng アーロン・チェンくんってオージーの芸人さんなんだけど、彼がLAから戻るときに検疫2週間しなきゃいけなくてその1日1日を綴るっていうウエブシリーズを Skills in Time 時代の仲間たち(→ゆえにSam Campbellくんだい)を中心に毎回かなり豪華なUK&オージーカメオの協力をえながら制作された、意味全くわかんないぶっ飛びシリーズです。



もう嫌だよ(号泣)全く活動できなくなっちゃってさ、サムくんは、職探し登録しちゃったんだよ(インスタは多分ネタではないと思う…)元バリー賞現オーストラリアコメディアワードを受賞までしてるのに(号泣)この若き爆発的才能の塊が、今こそ英語圏コメディに浸透してくるはずが!なぜこんなことで蹴つまずかなければならないのですか(涙)頼むから大物は枠を譲ってあげるとか引っ張り上げるとかしてやってください。

この子たちもスポンサーもらうとか、YOUTUBE課金せいにするとか、なんか投げ銭制にするとか…実はオレが極めて限りある予算の中から貢ぎたいのはココです。だって一番そーゆーのに不器用そうでなんだもん!!!

というわけで今回は以上です。みなさん、偏った情報ではありますが、ぜひご参考に。。。よろしくお願いします。

2020年4月13日月曜日

続く英国ロックダウン。状況アップデートおよびZoomを使用した有料ライブ・コメディに参加しました。めちゃめちゃよかったです!のレポート 2020年4月12日付

【前回からの状況アップデート】
→そんなものどーでもいいからZoomのライブについて知りたい。という人はこちらからどうぞ。(または下へスクロールダウンしてください。すみません汗)

英首相ボリス・ジョンソンがコロナで入院→退院のニュースが流れた現在、ほぼ毎日700ー1000人単位でお亡くなりになっている英国です(→ケアホームの方の人数は除く)。その死亡率はイングランドだけにすると10万人あたり15人くらい…ヨーロッパでトップの死亡率の道を歩んでいます。(リンクはスレッド全部が引用元です)そして、本日、英国でも長年ずっとお茶の間の顔的に愛されてきた有名なコメディアンで、Goodiesの1人のTim-Brooke Taylor ( ここで一回紹介してた)さんがコロナでお亡くなりに(号泣)お昼頃からオレのTLは嘆きの嵐です。エドガー・ライト、リース・シアスミス他、日本の英国コメディファンの間でも人気のあの人この人が皆泣いています。前回も話してますが、EUからのオファーを蹴り、英国民ではないNHSスタッフのビザはコロナが終わるまで延長(→終わったら帰れ)先ほどもEU圏外からの腕利きの医療関係者たちが助けられますよ、というオファーを蹴っちゃってた。。。ケアワーカー&NHSスタッフにカミカゼ特攻隊のように最前線で戦わせ続け、報酬は拍手でお支払い・・・のような保守党政府のコロナ対策への非難轟々です。

NHSスタッフを励まそう、サポートしようと、リアム・ギャラガー級のアーティストがこぞって(必ずや終わる→)コロナが終わったらNHSスタッフのために無料でライブを、と秋以降にライブを企画。最初は「おおお」だった世間の反応も、大物が次々と同じことを言い出すと「そ、そのライブにかかる費用をどこかに献金した方が・・・」などという声も。一方こうしたライブを行うことでイベントスタッフは仕事が保障されるのでしょうし、マニックスやギャラガー・レベルのアーティストが行うともなれば、放送権の売買や献金ラインのセットアップもできるでしょうし、とも考えると…どうなんでしょうね。

さて、いつもの長い前置きを書き終えたところで、今回の本題に移ります。前回までロックダウン以降のコメディ業界における様々な新しい試みについてレポートしてきました。3週目に入ったところで、(しょうがないのですが)量産→クオリティにばらつきが多く見られるように。特にTwitchやSkypeを使用してゲストを呼びおしゃべりをオンライン配信するフォーマットのショーは、呼び屋も含めた内輪同士のおしゃべりレベルが目立ち、簡単にあれもこれもと投げ銭をするモチベーションが湧き出ない…。いや正直、誰もがメンタル弱ってる時に、未開の地でそこそこのもの見せる人がいたら、サイコパスです。おしゃべりで全然いいんです。視聴者を囲う空気さえあれば。

そんななか、10日くらい前から有料チケット制による「ライブコメディ」が始まったんです。オレが知る中で最初にやり始めたのはWeirdos Comedy。稲村的には初回のラインアップと8ポンドちょいという値段を天秤にかけてみた場合、試すモチベーションがわかず(汗)見送りさせていただきました。しかしながらチケットは完売&ライブは好評に終わったようで、17日にも催行決定。チケットはこちら:https://www.eventbrite.co.uk/e/weirdos-comedy-live-online-2-tickets-102448060908

オレが参加したのは、その後程なく行われたオレのご贔屓さんを何人も扱っているプロモーターShow And Tellさんのライブコメディです。これが今までで一番素晴らしかったので、レポートしたいと思います

【Zoom使用のライブコメディ参加しました!】

 エンドレスにヒマしかないので、4月9日当日にお知らせが入ってもすぐに参加できるのがロックダウンの醍醐味。


この「Front Room」の意味がようわからないままも、1ポンドでLou Sandersさん(→Taskmasterに出ちゃってものすごい人気に)とRhys Jamesくん(Have I Got News For Youなどのテレビ番組でおなじみの顔に)のライブで優遇されるなら! とチケットを購入。するとライブへのリンクがこのように送られてきまして。


あれ?22時からっていってたのに21時開始?とか思いながら、クリックすると

(今キャプったので3日前になっていますが、当時はカウントダウンで時間が表示)

プレイボタンをクリックすると

とZoomへ飛ばされ、「なるほどこれはZoom を使ったライブなのか」と判明。実はZoomのセキュリティ問題はたくさん耳に入れており、同僚のzoomミーティングを蹴りまくっていたので、ZoomのアプリをDLインストールしろと指示が。超抵抗がありましたが、このやり方で進めれば、コードを送信やシェアおよび公開することなく、ホストのみの管理による参加する形になるので、FBIに書かれていた「Zoom使用の際の注意事項」もクリアになるか、と判断しインストールしました(コメディの誘惑に負けただけ、と言われればそれまでですが 汗)
すると、こうなりまして。
始まる前に準備してねと以下のように指示が。


Show and Tellさんは我々お客さんのマイクを「オン」、画像を「オン」にしてほしい。と。お客さんの顔や笑い声が芸人さんに見聞きできるようにしたい、とのこと。マジで?(汗)と思いながらも、マイクをオンにしたオレ。もともとZOOMとは全く思ってなかったので風呂入ってドライヤーもしとらず布団の上&パジャマでビール缶をプシュッと空けてたので、画像は遠慮させてもらいました…。(左上に見える緑色は、オレがデフォルトで緑色のテープをカメラに貼っているせいです。カメラをオフという選択はもちろんできます)

もう一つあった指示が「リースくんの画面をピンしてください」ということ。ピンにすることで上の画像ではホストのShow and Tellさんがメイン画面になってますが、リースくんをメインにすることができる、と。どうやってやるかというと、リースくんの画面の右上にカーソルを持っていくと3つのドットが右上に出るので、それをクリックするとpinにする、という選択が見えるので、それを選択・・・のはずなのですが! 指示通りにやってもピンにするの選択が出てこないんですよ。あちこちクリックして自分なりに試行錯誤しても出てこない。。。そうこうするうち始まる時間に。
Show and Tellさん「じゃあそろそろ始めようと思うけど、みんな準備大丈夫?リースの画面をピンできてる?」

「できてなーい!」
「できなーい!」
「ピンのオプションがなーい!」

オレだけじゃありませんでした(笑)。
そして参加者の1人が
「リースがまだオフにしてるからできないんだよ」
「え(汗)?そうなの?リース!聞こえる?オンにしてー!」
「え?そうなのごめんごめん」(オン)

で、こうなって、いよいよスタート(笑)



MCがいるわけでもなく、リースくん、ルーさんそれぞれが約15分尺で行うアットホームコメディでした。リースくん自分の持ち時間終わったらルーさんを呼んで、ルーさんがオンになったらお客はルーさんの画面をピンするように設定し、ルーさんを観る。ルーさんが終わったら、そのままお客さんに「これでいいの?これで終わり?え、切るよ切るよ、みんなばいばーい!」お客さんも「ばいばーい!」で各自切っちゃって終わりー(笑)
Show and Tellさんはこの2つのセットをコンパイルしてYou Tubeに22時にアップ→無料で一般公開。その後、華麗に削除。


個人的な感想としては、このやり方が、コロナの現状下で体験できるベストのライブコメディだな、と思いました。前回までで紹介したタイプでは、1)MCだけがYOUTUBEで生ライブ配信→その時にブッキングした芸人さんに送ってもらった数分のクリップを流す。2)スカイプなどで芸人さん・ホストがチャットショー形式に行う 
両方ともオーディエンスとの絡みは全てチャット機能のみ、またはナシ、なので、客の笑い声やコメントなどは全て絵文字や文字だけに。チャットではみんな言いたい放題言うし、客同士がチャットしあったり。距離感があります。芸人さんはチャットのコメントを拾ってコミュニケーションを取り合ったりしますが、かなりの時間差が否めません。テレビの生放送でツイッターなどを利用し、ハッシュタグでコメント寄せるみたいな距離感と時間差です。

一方、Zoomの場合は、芸人さんと客とのダイレクトなコミュニケーションがライブ会場レベルでできる。一体感があります。お客さんの声が音で通常のライブ会場と同じように演者に伝わる。もちろん、客1人1人が演者と同じレベルの音と映像発信力を持ってしまうので、演者はなれるのが大変っぽいです。客も素人なのでついつい忘れがちになる。(オレも実は、リースくんのセットの時に娘に話しかけられ返事をしてしまった 汗 スルーしてもらったけど、マジすいません!! 汗)
リースくん、敏感に反応してましたが、すぐに上手にそれをお客さんをいぢる(ライブコメディでよくあるような)素材にしてました。彼はこのフォーマットをかなり真面目に今後のビジネス形態と見据えているんじゃないかと思います。15分のセットをちゃんと用意してました。
ルーさんは、もっとフレンドリーにみんなとお話しましょっ!って感じのノリで15分強。初めての試みなので、まずは模索、リースくんほどセットの用意はしてなかったように見受けられましたが、オレは新しい希望を見出すほどルーさんのセットを気に入りました。ルーさんがお客さんの一人一人をちゃんと認知し、カメラの向こうの見えない客にしゃべりかけるのではなく、不特定多数ではない、我々に向けてお話をする、というスタイルが、オレがよく行くコメディクラブでの臨場感を再現してくれてたのです。

成功のカギとしては、有料制にすることだと思います。人数とお客のクオリティを保てる。有料でも観たい、参加したい、と思うのは、リベラルアーティの、いわゆる「いいお客さん」なんです。ショーの最中に邪魔になることをしないように心がけるのです。

今後の可能性:
現在実験段階で1ポンドですが、今後3人芸人さん持ち時間20分づつで1回5ポンドに値段をあげてもいいんじゃないのかな。リベラルアーティは貧乏が多いのと、フリンジや普段のインディーズのコメディ・クラブでのお値段を考慮すると、3−5ポンドがoptimum pointかな、と思います。
無料だと40分しかできないので、まあ当座は今回見たような2人ブッキング、1人15分づつって設定でもいいのかなぁ。今後人数が増えてきた時にどれくらいアットホームに感じられるか、どれだけ芸人さんが「不特定の誰かに向かって喋る数分のビデオレター」以上のものを出してくれるか、値段の釣り上げ方も変わってくるのかな・・・40分以上やるならホストがビジネスアカウントを取らないといけない。よって値段が上がることは不可避です。Show and Tellさんは、固定客をしっかりもつ評価の高い芸人さんを多く抱えているので、しばらく1ポンド40分で試運転をしていただき、その後、本格始動を期待します!

・・・というわけで、オレは 来週の火曜日と木曜日のチケットも購入しました(笑 この記事を読んでくれた方で、チケットを購入予定の方、現地(?)でお会いしましょう!

https://www.showandtelluk.com/event/show-and-tell-at-home/

来週はね、画像もオンになることがわかったので、風呂上がりのパジャマ姿のおっちゃんじゃない格好で挑みたいと思います。

2020年4月6日月曜日

UKロックダウンから・・・3週間近い? 英国住民の状況、そしてコメディ・ビジネス状況を中心に、あれこれアップデートです (2020年4月5日付)

ここ2−3日UKでは毎日6−700人の方々がお亡くなりになっています。本当に辛いです。
ご冥福をお祈りします

一方、季節は春。本日は4月5日スコットランドですら最高気温17度(ロンドンはどうも18度くらい)のお天気になり、わらわらとエクササイズと「許された範囲」で外出をする人が増えてるようで・・・人口もともと少ない割に土地有り余ってるスコットランドでは、人と人の距離2メートル以上の掟を自然に守れる状況ですが、(注:エディンバラも人口はたかだか50万)どうもイングランドの超都会は大変っぽいですね・・・



健康大臣のマット・ハンコックが「このままいうこときかない人がい続けるとお散歩エキササイズも禁止にしますよ!」みたいなアナウンスをしてま… 


へ???



7日前にコロナ陽性出てた人が、なんで外出ガンガンしちゃってるんですか?!?!

EUからの関税なしの激安リーズナブル機能性バッチリ呼吸器およびその他の医療器具を断り、その辺経験ゼロの保守党ドナーのダイソンと契約しちゃって、呼吸器足りない、ベッド足りない、NHSスタッフ足りない、検査キット全然!!!足りない!!! という状況下、もしお散歩エクササイズが禁止なったら一体いつまでお散歩エクササイズが禁止を強いられるの・・・(号泣)とある信用できるソースでは、イギリスにある緊急事態のマニュアル的なものに、一回何か禁止、ってなるとその期間は12週間、らしいのです。もちろんマニュアル的なものなので、今回の異常緊急もそのマニュアル通りになるかどうかは?という話なのですが・・・

そして経済がほぼストップ状態が続くなか、英国今週の流行語はFurloughかと思います。航空会社を含め、多くの会社が必要社員を間引くことに・・・どれだけ必要のない社員と認定された人が必要なくなってしまうのか、その期間もわからないので、この人たちへの支援を、という新しい任務が英国政府の肩に。

大規模のお店も大変。必要なお店(薬局系、食品スーパー系)以外は閉鎖を要請され、オンラインを主に購入ですが、こんなに誰もが職を失っているときに衣料品やデパートのお買い物が通常通り行われるわけがありません。だってお金ないもん!!!(号泣)Cath Kidston,  Debanham, が破産申請に進むとか。もしかしたら John Lewis もあとに続くかも… 

一つ改めてクリアにしたいのは、具体的金額や新しいシステムを含みこの緊急事態に向けた国民への経済支援を10日ほど前に発表してますが、実際には新しいシステムだけではなく、現状ある様々な支援金や補助金システムを流用してます。そして複数進行中の新しいシステムに関してはまだまだ準備中で、うまく行けば5月に手続きができるようになれば???というスピード。

そんななか一番早くお金がもらえるのは、しつこいようですが、Universal Credit。職を失った人が新しい職を見つけることを条件に基本3ヶ月間を期限としてお金の援助がもらえるシステムです。このシステムの酷さ、審査の通りづらさはお墨付き(例:両足を失った車椅子の方を普通に働けると認定するとか、平気でやる)ということもあり、この3週間ここでもチャンスとあらば「んなもの頼りになるか!」とクダ巻いてましたが、緊急事態としてUCが通る条件をかなり緩くし、同僚や友人その他、多くの人がすんなり手続きを完了できるようにしてくれていることが判明。オレ、シングルマザーなのと貯金がろくすっぽないので通りやすかったのかな?と思いきや、友人(お子さん2人)は旦那が働いてるのに申請がすんなり通ったとか。これは朗報です。ニュースによるとここ1週間に100万人単位で申し込みがあるそーです(汗)ちなみにUCから援助金をもらっても新しいシステムによる支援に該当する人はもらえるようになってます。管理している省が違うので、別の援助になるそうなのです。

そんなわけで、芸人さんもきっと多くの人がUCに申請してると思いますが、いろんな条件が揃ってないとそこそこの支援金が下りないのは確かな事実です。今回は3週間経ったところで、以前紹介した投げ銭ベースのライブ配信の続報(成功云々)そして新しいライブ配信の紹介を行いたいと思います。(すいません、Go Faster Stripeのコンテンツ紹介はまた今度に・・・汗)


ライブコメディ配信の行方。
投げ銭・課金制によるビジネスとして成功の兆しはあるのか。

ロックダウンが始まって1週間以内で、TwitchやYouTubeをプラットフォームに定期的に無観客ライブ配信として開始したオンラインライブコメディ。その後、数人でも集まることが禁止になってしまったため、2週目からはMCがライブで、各芸人さんが数分のセット(的なもの)を基本自撮り撮影、それを配信というフォーマットに変わりました。いくつか見ていますが、やはり、コメディクラブの知名度とラインアップの両方が揃わないと、配信時の視聴者数が桁違いに低い・・・です。Next Upがやっている例のライブ配信は毎回芸人さんと小一時間くらいチャット、投げ銭があるとそれは全額芸人さんに行く、ということで、40人しかみていなくても、その40人が固定客ファンだったらそのうちの結構な人数が5−10ポンド課金してくれるので、クラブコミックのトップ芸人さんの場合実際のライブに比べたら3分の1にもみたないような額だけども・・・という感じでしょうか。

そんな中で、The Stand Comedyは7000最低ラインで行くんですよ。先週フランキー・ボイルがでたんですが、桁が変わっちゃって12000。超オルタナのファミリービジネス系のUKのコメディクラブの生配信で、この数字は正直すごいです。
https://www.youtube.com/watch?v=uynDYOkUcOQ
他のコメディ配信と異なり、後からオンデマンドで見れないようにしてしまいましたね。ライブ感を出すためかな? 興味深い。

7000人のうちの半数でも2−3ポンドでも投げ銭してくれるのであれば、成功だと思います。ちなみに3週目のヘッドライナーはGary Tank Commander( Fresh MeatでおなじみのGreg McHughの超人気キャラ。この人もともとキャラクターコメディの人です。スコティッシュ。というかFreshMeatの記事、バスデンさんが執筆している回がいくつかあるせいか、やたらとブログ記事の量が多かった 汗 すみません)正直Garyのキャラはめっちゃローカルで、グラスゴーだとアリーナを一瞬で完売にしちゃうくらいの人なんですが、海を超えた視聴者層が確立されてきている今… ゲリーを知らない人、ゲリーのアクセントがホワッダファ?の人、いたのではないかなーという懸念もあります。チャット欄では「今まで誰がヘッドライナーだったよ」的なコメントがちらほら・・・重要案件です。ヘッドライナーを誰にすべきかの試行錯誤時期だろうなー。(実は先週のフランキー・も自分の本の朗読をしていた、という経緯があります。個人的にはフランキーの本の朗読は、長期的なことを見越した彼の超賢人判断によるものだったと信じて疑わないのですが・・・

一方Cosmic Shamblesは最初からスカイプチャットでそれぞれの自宅から生配信、というフォーマットだったので、ロックダウンが強化されてからも変化はありません。また生配信後もオンデマンドで見れるようにまだなっています。(コロナの前からの基盤があるせいだと思いますが)思ったよりゲイティス回、シアスミス回ともにビューイング伸びてないですね。5000、2000前後? 投げ銭状況はどうだったのだろう・・・

Cosmic Shamblesで今後期待されるのが、人気ポッドキャストや芸人さんとのコラボです。繰り返しますがCosmic Shamblesはコロナ前からすでにサイエンス啓蒙系で大人気の配信をやっていた基盤があるので、ポッドキャストや芸人さんにとっては一から立ち上げるより、このプラットフォームを利用する方が楽チンだったりするのです。実際先週の火曜日に、Ed Gamble くんとJames Acasterくんの大人気食べ物ポッドキャストシリーズOff Menuがコラボ企画、と題して、生配信をやりまして。ゲストがリチャード・ヘーリングだったせいもあり、めちゃくちゃ!面白かったです(笑い)



リッチーも(ご存知の通り)オンライン配信が基盤でお金を捻出するコメディ・ビジネスを長年続けてきた人であることと、エイカスター&ギャンブルのポッドキャスト人気は他とは一線を画すレベルでもあるせいか、このライブ配信中に、固定客がなんと課金のリンクがパンクさせました。すごいよね。
やっぱり知名度と芸人さん、それから配信場所は、YOUTUBEが一番安定してる印象です。

ちなみにOff Menu の前形で、以前超オススメと紹介したことのあるJust Puddingもこれを機会に更新されまして・・・



 これは生配信、ではないのですが、上記のOff Menuで聞いた耳を疑うようなエイカスター武勇伝の記録がホントに新規更新されていることが確認でき、エイカスターくんがすごすぎて、すごいしか言葉が出てきません・・・ということで、これみてください。

ちなみに日本の無観客生配信ライブをみたときに、YOUTUBE上から課金できる設定になっていたのがすごく気になったんですが、あれってスーパーチャットを利用しているのでしょうか? UKだとちょっとルールが違うっぽいので、同じことできるのかなー。あれいいですよね??? ウエブサイトに別に行かなくてみながら課金できるんですもんねー。 

2020年3月29日日曜日

英国マジのロックダウン。この課金方法、日本のパフォーマーさんも使える方法かもしれないので、参考にしていただければ! な英国コメディ情報 3月28日付です


これまでのお話その1はこちら

これまでのお話その2はこちら

3月26日、自営業組が固唾を呑んで待つなか、政府が発表した自営業者へのサポートは、見かけは会社員とほぼ同じ、年収÷12ヶ月x80%的なものが発表されましたが、実際に支給されるのが早くて6月…って、6月までどーするのよ?!
・・・問題山積みの支援対策です。

それまで持ちこたえられない人は、universal credit →私はダニエル・ブレイク ルートを勧められます。しかし貯金のある人、年金おりてる人、パートナーが別の保障をもらっている人は、対象外。例えば子供の学費など、コツコツ未来の出費のためにためてた人はアウトなのです。

じゃあパートでもなんでもして働きゃいいじゃん、と思うかも、ですが、大多数のビジネスがストップしてる今、急募してる職は(今や大忙しの)スーパーと葬儀屋とアマゾンくらい。じゃあそこで働きゃいいじゃん、と店員臨時で5人募集の広告見て応募するとライバル2000人いる・・・というのが現実です(友人談)

そんなわけで芸人さんたち、本当に困っているのです。
本当は予告通り今回はGo Faster Stripeという主に英国オルタナコメディの世界に強いサイトのコンテンツをご紹介しようと思っていたのですが、今朝Richard Herringの画期的な課金法のツイートを目撃して、「これは日本でも困っているパフォーミングアーツ界の人々で使えるのではないか?」と思い、先回しすることにしました。
どういう課金方法かというとTwitchとAmazon Primeを掛け合わせたものなのです。
下記クリップでわかりやすく説明してくれています。



アマゾンプライムを通してTwitchプライムに繋げると、毎月5ポンド分もらえTwitchの好きなチャンネルの購読・課金することができるんですって。アマゾンプライム会員だったら懐をまるで痛める事なくご贔屓に課金することができるよ、というものなんですよ。

日本アマゾンにも同じシステムはあるのだろうか?と確認したところ、ありました!同じことができるはずだと思います。
https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?ie=UTF8&nodeId=202096320

前回からしつこく話してますが、Twitchはライブストリーミングの後にもコンテンツを保存できるし。どんどんみんなのお財布状況が厳しくなる中、こういう形でお客さんが無理なくパフォーマーさんに課金できるのは素晴らしいことではないかと思います。

万が一、日本のアマゾンプライムではTwichと繋げられてもお小遣いがもらえない、とかだったらすみません(汗)日本のアマゾンプライムとか入っていないので確認がそこまでできず本当に申し訳ないです。


2020年3月25日水曜日

英国マジの本気でロックダウン。コロナから芸人さんたちを守るため立ち上がる英国コメディ情報(2020年3月23日付)です

これまでのお話はこちら

政府がパブ閉鎖をお願いしても、どうしても必要ではないお店は閉めるようにお願いしても、人との集まりをお願いしても、週末マーケットはやっちゃうし、パブはガン無視だし、スポーツ用品店は「自己隔離だって運動はしなきゃいけないだろ、うちはどうしても必要なお店じゃ!」と強行開店。
一方、コロナから逃げるため、市内に住む車もちイングランド人が、海岸沿いのホリデーリゾートへわんさか押し寄せる現象が。経営破綻を目前にお金に困る中小企業から自営業者がホテルやキャラバン敷地の予約を受け付けてしまうし。「不必要な移動は避けてー」と電車、飛行機、バス、運行数をめっちゃ減らした意味はどこへ。ウエールズ、コーンウェル、ハイランド、スカイ(滝汗)で人口密集です・・・ 

ハイランドもスカイも、各エリア、地元民は1万人もいれば大きい方で、特に海岸沿いのリモートなんか、おじいちゃんやおばあちゃんがのんびり暮らしているところです。あのね、移動NHSがぐるぐる回ってるだけなんですよ。そんなところにね、都市部から、買い込んだ食料積み込んで、キャラバンカー引っ張って、コロナにかかってるかもしれない家族子供がわんさかきちゃったら、一発で終わりですよ。ということで、ニコちゃん(スコットランド第一首相)激おこ。イングランドも「いうこと聞かないんで、さらに厳しくしまーす」。


外出るなー、企業は自宅勤務できないものは、どうしても必要な仕事だけ。あとは、全てストップ、店閉じろ・・・ って収入どうすんだよ、という話ですが、イギリス政府が、会社員に給料の80%を向こう3ヶ月保障する、と発表されました。政府が出してきたコロナ対策費、なんと330億ポンド(滝汗)。あれだけ労働党の総選挙時の政策に「ぶはっ。何言っちゃってるの、あんたたち。そんな国営寄りにしちゃったら80億ポンドってお金かかっちゃうのよ。どこにそんなお金あるの?」って鼻で笑ってたくせに、おいおい、魔法の金のなる木はあったんか?(絶句)

かなりの人がこのニュースにほっと胸をなでおろし、解雇される危機だった人も解雇レターもらっちゃった人も救われ、「英国やればできるじゃん!」という一面を見せる一方、前回から申し上げてますように、自営業の保障はどこへ?。いわゆるself employedは500万人はいると言われ、彼らももちろんきちんと払わないかん税金や全ての義務を納めているのです。社員と同じ保障を!と声をあげるだけあげまして(いろんな政治家や機関に何通も手紙を書いて、いくつもの志願書に署名。オレの場合は多分ラッキーで、労働組合ではないのに、スコットランド政府と密着する業界のコミュニティーがとても強いおかげで助け合いの精神が強いです)
そんなわけで、意外と数日置いて、なんとか似たような保障がもらえそうに。わがまま言うと季節労働者はこの保障の仕方でもかなりキッツいんですが(汗)でも、ほっとしています。
ただ、社員も自営業も、中小企業も、大企業も、実際にお金が入ってくるのはきっと早くて5月の上旬だと思います。そうです。一番全てが禁止でお金を稼ぎづらい時期にお金が全く入ってこない・・・ということになります。

というわけで! 合言葉は「国に頼ってられない」です。英国文化が崩壊寸前なのです。演劇、音楽、映画様々守らなければならないものがあるのですが、もちろん、コメディに一点集中し、今回も新しいサポート方法や課金方法、そして新しいコンテンツの誕生などについてご紹介していきたいと思います。今回はNext Up Comedy. 次回はGo Faster Stripeのコンテンツをご紹介します。


NEXTUP COMEDY

以前もこのオンライン配信コメディは、「ネトフリではメジャーな芸人さんじゃないとなかなか配信決まらないけど、このサイトならもっとリアルに英国のライブコメディ(1Hのフリンジで上演されるタイプのもの)がキャッチアップできる」としておすすめしました。今こそ!チャンスです。月にたった5ポンドでなかなか見れないけど国内では超話題で人気のライブコメディショーだったものが観れてしまうのですよ。本当に紹介したいものが山のようにありすぎて、とても全部紹介が無理です。中にはオレも未見だけど、どうしても観たかった!というのがこの配信サイトには多く溢れかえってます。本当にUKのライブコメディずきには最高のサイトの一つだと思う。。。以下、一例ではありますが、ご紹介。



1)Tom Parry さんのParryoke!
https://watch.nextupcomedy.com/watch/36533137

オレの感想 (本当にこのParryoke!のために5ポンド払うんでもいいくらいだと思います)
http://www.gojohnnygogogo2.com/2019/08/edinburgh-fringe-2019-pappys-tom.html



2)Andrew Maxwell 兄さん
https://watch.nextupcomedy.com/watch/26155040

オレの感想(他のショーだけどご参考に)
http://www.gojohnnygogogo2.com/2013/08/2013.html



3)Alexie Dubus さん(→マルセル・ルコントの中の人)
https://watch.nextupcomedy.com/watch/26155010

オレの感想(他のショーだけどご参考に)
http://www.gojohnnygogogo2.com/2016/08/edinburgh-fringe-2016-alexis-dubus2.html



4)Fern Bradyちゃん!

https://watch.nextupcomedy.com/watch/26155163

オレの感想 (去年の作品)
http://www.gojohnnygogogo2.com/2019/08/edinburgh-fringe-2019-fern-brady-power.html

(この作品)
http://www.gojohnnygogogo2.com/2016/08/edinburgh-fringe-2016-sofie-hagen-fern.html


5)Jen Brister さん!
https://watch.nextupcomedy.com/watch/36450547

フランキー・ボイルの前座で観たときにえらく気に入って、昨年観たかったのにチケットが人気すぎて全然買えずいけずに終わったので、これはオレ様もみたいです。このロックダウンのうちに!




6)Glen Woolさん
https://watch.nextupcomedy.com/watch/26155182

オレの感想(他のショーだけどご参考に)
http://www.gojohnnygogogo2.com/search/label/Glenn%20Wool

7)Adam Hess さん!
https://watch.nextupcomedy.com/watch/35487015
確かこれノミネート作品じゃなかったっけ? Adam Hessさん去年観たかったんですよー
あのね、結構テレビでも活躍してる人なんですね、なのにPleasanceで自分でフライヤー配ってPRしてて、エージェントとか使わないの?!エライ!ってえらく感動して。芸人さんは完璧主義が多いので、こういうオンラインコンテンツ用の収録日に善良なお客さんを確保するため、アダムヘスさんは自分で自らフィッシングしてたっぽい(汗)
結局きてね、って言われた収録日に観にいけなくて(収録日は善良なお客さんが必要なんです。) ノリで一緒に写真撮ってもらっちゃった思い出だけが、残ります(オレのギグ・バディ撮影)。オレってば、パー子みたい(汗)


別の作品だけど、オレの感想・・・と思いきや、むむむ? なぜか見つからない・・・フリーフリンジでやってたのを観てるはずなんですけど・・・。アレェ? まあいいや。観てください。


8)Alister-Beckett-Kingさん
https://watch.nextupcomedy.com/watch/26155025
まさに先日ご紹介したばかりの、SNSクリップで歴史ネタで笑わせてくれる芸人さん。

オレの感想(SNSクリップの記事だけど)

http://www.gojohnnygogogo2.com/search/label/Alistair%20Beckett-King



9)Ben Targetさん!!
https://watch.nextupcomedy.com/watch/26155076

Ben Targetさんは、GaddさんのWaiting For Gaddotで音響やってた人で、JozくんのMr Fruitsaladで演出っぽいことやって(自らも出演)してた、 Weirdo Comedy系、Alternative Comedy Memorial Societyにも関係してるはず。で、素のご本人ってめっちゃいい人なんですが同時にちょっとばかしLa la land系の人でして、そのラ・ラ・ランドっぽいのが、作品には非常に効果を出してますんで、なんとなく感じ掴んでいただけたでしょうか? そう、つまりかなりユニークで評価の高い作品です。
タージェットさんで記事書いたことないんですが、参考までに
http://www.gojohnnygogogo2.com/2019/08/edinburgh-fringe-2019-choice-award-joz.html

http://www.gojohnnygogogo2.com/2015/08/edinburgh-fringe-2015-waiting-for-gaddat.html




10)Jordan Brookesさん

https://watch.nextupcomedy.com/watch/34354110

どーでもいい備考なのですが、この人、ツイッタアカウント、めっちゃくちゃ!!! 面白いです。フィード量かなり多いのに、打率超高い(笑 そういえば、本当にLove Island企画は進行するのかしら…(具体的に何かはわからないのですが、ぽろっと「そろそろオレ観たいんのがLove Islandで仕事をする時期じゃない?」ってツイートしたら本当にITVのLove Island制作が「大ファン!ぜひ話を!」ってマジメールが届き、追いかけるようにエージェントさんからコンファームが届き、マジかよミーティング・・・ということを実況してくれるんですよ(笑 あとは「こんな世の中になって、どうしよう。裸でシャワータイム・・・?」って冗談でボソッと言ったら、反響があまりにも大きくて、ツイッタ投票にせざるを得なくなるわ、もちろん投票でダントツ賛成勝利になっちゃうわ、で。

配信で見れるのは過去作なんだけど、昨年フリンジで賞をとった感想とその前のはこちらになります

http://www.gojohnnygogogo2.com/2019/08/edinburgh-fringe-2019-jordan-brookes.html

http://www.gojohnnygogogo2.com/2018/08/edinburgh-fringe-2018-must-seejordan.html



11)(イケオジの)Michael Leggeさん
https://watch.nextupcomedy.com/watch/36400786
ご本人直接ショーはバンドキャンプで売ってるんですけど、ここでも見れるんです。
こないだリリースしたThe Idiotはこのサイトで一番視聴されたショーだったらしいですよ!

オレの感想は
http://www.gojohnnygogogo2.com/search/label/MIchael%20Legge


2020年3月23日月曜日

英国ロックダウン。。。コロナに負けるもんかと立ち上がる英国ライブコメディ情報(2020年3月22日付)


 ヨーロッパ中がロックダウンと街やエリアを封鎖するなか、ヨーロッパでも病院ベッドが足りないことで有名(?)なイギリスだけ「感染者を増やして免疫作ろう、だいたい60%かなぁ。とりあえず、みんなハピバ2回歌って手ェ洗って感染予防ね!」「みんな、大切な人たちを失う覚悟をしてね(→ボリス・ジョンソン)」と誰が聞いても血迷った方針で対策スタート。ものの1週間で「この計算でいくと300万人くらい死んでしまう」(震)と本気で気づき、くるりと方向転換、「映画館、観光施設、劇場、全部閉めることを激しくオススメ!え、禁止になんかしないよー。国が禁止にしちゃったら、補償しなきゃいけないじゃん。あくまで自粛ー。でも閉める方向でよろしくね♪ スーパーの買い物含め、人とは2メートル距離とってねー! 合言葉はソーシャル・ディスタンシングだよ!!」「カフェ、レストランはテイクアウトはやってもいいけど、基本閉めてねー」そして、ついに「学校閉めまーす! いつ再開するかわかりません」「5月、6月の進学試験はナシね!今までの成績をもとに先生にグレードつけてもらいまーす!」
そして本日3月20日(金)「いやー、最低でも6ヶ月くらい続くよねー。人との距離を置くのは1年くらいかなぁ」そして「パブ閉鎖ー!集まっちゃだめ!」もう一回言います。パブ、閉鎖指令。
地元の状況はツイッターでポロポロ出してますので、このブログの脇に貼り付けてるツイッタアカウントと運がよければシンクロしてると思います。

すでにグラストをはじめ6月までのフェス系は全てキャンセル。時間速で政府の指示が厳しくなるので、10日前まで「キャパ500以上の会場でのイベントはキャンセル要請」から、200人も入らないようなちっちゃなライブハウスもやめてください要請が入り、みんなキャンセルor延期です。7月のTRNSMTどうなっちゃうの。
てか 7月のBECKどうなっちゃうの!(悲鳴)

エディンバラ・フリンジも形態を変えて続行・・・と匂わせています。

そして3月22日、スコットランドではついに体の弱い(主に70歳以上のお年寄り)は12週間もの外出しないでね令が。(誰が守るのだ 汗)

稲村も呑気にブログなんか書いてる場合じゃないです。このままほっとくと、今年の収入ゼロ。い、今更職探し・・・?(卒倒)自営業と賃貸者には手が差し伸べられないのが保守党ボリスとドミニクカミングの英国です・・・
というわけで、サポートは今のところUniversal Creditのみ。恐怖の I, Daniel Brake/ 私は、ダニエル・ブレイクです。(震)

そしてパフォーミング・アーツももれなく破綻状態に晒されています。ライブが収入源だった人、会場側も舞台裏の人も、みんな、です。芸人さんはほぼ全員自営業です。ですからみんなこのままほっとくと全員ダニエル・ブレイクです。

なんとかライブ中心のコメディ業界を救うため、この5ー6日間で嵐のように新しいことが起きています。なるべく全部拾って以下にリスト出しします。(ちなみに、もともと各芸人さんのショーを有料化配信・販売してきたNext Up ComedyGo Faster Stripeに関しては別に記事を立てて、紹介します。ネトフリやテレビ配信と違い、歩合制なので加入&購入すればちゃりんx2と新規でお金が芸人さんに落ちるからです)


無観客コメディライブ配信

ライブコメディをお客さんを入れずに行う。そんなこと、ここでは誰もやったことないんです。
日本のライブコメディショーよりもキツイと思います。こちらは全ての意味でお客さんとのインタラクションが肝であり、芸人さんはそれを物差しにしているからです。
ライブ自粛要請が入った途端、ほぼオレの知る芸人さんは一斉にオンラインの可能性を探ると同時に「お客さんなしにどうやってやるの」と白目向いてました。「ネタ披露している側から”クソ面白くねー!””寝ちまうぞ”ってコメント流れていく野次飛ばし見るの?てかそれにどうやって返すの」(→Jos Norrisくん)etc.  そんななか「いや、無観客でネタをやるしか道は残ってないじゃん! 無観客よりも悪い経験なんていっぱいある。のはオレだけじゃないだろう」(→Ed Gambleくん)という方向へ。Next Up ComedyTwitchを使って2日後くらいから芸人さんのインタビューとNEXT Up上の既作品を使用して試運転を開始し始めています。

一方、英語圏では伝説のコメディクラブ、ライブコメディアンたちがこぞって一度はステージに立ってみたい、と憧れる(マジですよ!)The Stand Comedy Clubがたったの6日間、3月21日(土)に無観客ライブ配信に成功しました。( 流したのをそのままコンパイルしてるのでショー自体は18分くらいから始まります)



世界中からチューニングされ7000人近くがライブ配信をみる、という相当でかいことに! こちらも募金は募る一方、全てが手探りの初めてのことということもあり、まずは無料配信。
腕っ節の良い三人plusMCで1時間強、テクニカル的にはほとんど問題なく進行しました。YOUTUBE規制が多いけど(一定の数字を記録しないといけないとか、購読者の最低人数が決まってるとか、確か、アカウントでライブ配信する料金、とかあるんですよね?)でもクオリティ&テクニカル的には Twitchより全然いいと思います。Facebookよりも集客数は望めるし。
一方、制作面でいくつかの問題点も見えました。スタッフと演者がすでに気が付いてくれてることを祈ります。(政治もあるのかなぁ・・・つまり今回強い力の強い人たちが原動力となり、名の知れたラインアップで失敗の確率を減らすつもりが逆効果になっちゃった部分がある・・・ 今となっては誰もが記憶に蓋をしたいSNLジャパンを思い出していただければ、ニュアンスを汲み取ってもらえるかと思います。

・・・お、ロンドンベースでも始動しましたね。まずは、リッキー・ジャーヴェイスのpodcast Ricky Gervais Show 時代からファンの方ですと説明不要のRobin Inceが、啓蒙を意識したポッドキャストCosmic Shamblesシリーズをやっていたんですけど、これを機にStay At Home Festivalを定期的に開催するようです。3月23日は、皆さんもご存知のマーク・ゲイティスが登場します。こちらもいい値を課金制度。リンクはこちら https://cosmicshambles.com/stayathome 
やはりロンドンですと、ラインアップ強いなー!またこのレベルのブレイン揃いなら、完全に客層を読み切ってるかと思う。(マーク・ゲイティス無敵すぎ)
コメディクラブなどの会場ではなさそう・・・と思って、本日配信のものを見てますが、この気取らない、自宅からパジャマ姿で語りかけるってのが、一番いいなぁ(笑。ほっこりします。ビューイングは600人強。サイトがクラッシュしちゃいやすいようなので(600人一気にアクセスするとダメな弱小サイト 滝汗)ゲイティス・ファンは明日直接YOUTUBEチャンネルへ行った方がいいと思います。https://www.youtube.com/watch?v=wI4w1ira_oc(明日のアクセス数、恐ろしいな)



そしてマンチェスターからも。コメディクラブXS Malarkey が無観客ライブストリーミング配信を3月24日よりTwitch経由twitch.tv/xsmalarkeyで開始します。同じく募金制で、集まったお金は芸人さんたちに回るとか。(制作スタッフにも回してほしいけど)まだ実験段階。今後続くかどうかは、技術面も含め、様子見です。


芸人さんたちが独自にショーをオンライン販売
この個人販売をやってる人でオレのオススメが少ないです。たまたま、すでにやっていた人しかいないんじゃないかな。皆技術的なところで引っかかってるんだと思います。
増えてくる課金方法と思うので、引き続き注目していくつもりです。

1)Joz Norris Is Dead. Long Live Mr Fruit Salad
販売リンク
https://ko-fi.com/joznorris
オレの感想
http://www.gojohnnygogogo2.com/2019/08/edinburgh-fringe-2019-choice-award-joz.html

2)Michael LeggeさんのThe Idiot (オーディオのみ)

販売リンク
https://michaellegge.bandcamp.com/album/live-2019-the-idiot
オレの感想
http://www.gojohnnygogogo2.com/2019/08/edinburgh-2019-2-michael-leggethe-idiot.html


芸人さんがTwitch Accountでコンテンツ配信
(*1) Twitchってゲーマーさんがメインの土壌のため、オレはたまーにLimmyがファンとカラオケ一緒にやってたのを見たことがあるのみでアカウントすら作ってなかったんだけど、
1)絶賛ツアー中なのに、いきなり収入源を断たれたどころかキャンセルしたら会場その他のキャンセル料で借金抱えちゃうのにキャンセルするしかなくなったFern Bradyちゃんが激おこ→Twitchアカウント作って日々何分から罵倒ショー。
2)日本だと最近は国際女性デーでひたすら国際男性デーっていつよ、の質問に答えるマラソンで有名になってしまった(もう来年からはやらないよ、の)Richard Herringが、(自分は)大丈夫だけど、芸人コミュニティーを救おう。と筆頭となり、Twitchのアカウントを開設。
3)他にも、お気に入り芸人さんの何人かが非常事態にやれること、とTwitchの名前を出しているため、アカウント開設してフォロー始めてます。全くよくわかってないけど、多分(!)https://www.twitch.tv/mikiwhiteanklesocksへいくと、オレのフォローが見えるような仕組みになっているはず・・・多分。わかってない!(汗)勉強します。
とりあえず、フォローが見えるようだったら参考にしてください。

ちなみにリッチー(注:(2)の人)は、Next UPの無観客ライブ配信に向けた寄付金サポートの中核となり、怒涛の勢いで募金額を増やしています。100K募れてるはずですが、正直オンラインコンテンツを12ep作るとしたとき、みんなにお金を支払うようにするには150Kくらい必要のようなのでまだまだ。かな。(注:リッチーがやっているRHLSTPポッドキャストシリーズを映像化するにあたり毎回Kick Starterでサポート金を視聴者から募るのですがその時のターゲット額が145Kなのです)
正直TwitchのキャパシティのせいなのかNEXT UP側の機材のせいなのか・・・と考えちゃうほどNext UPのTwitch配信はテクニカル部分でかなりキツイです。リップシンクができてないどころの騒ぎじゃないレベルなので、この集まった募金を利用して改善、そしてロンドン発で無観客ライブ配信を行って欲しいと思っています。


芸人さんたちが過去の作品をYOUTUBEにアップロード

この1週間でかなり怒涛のように流れて来たので、別に記事立てをしないといけないかもしれないです。主にみんな、無料で公開しちゃってます。(広告も入ってない)

個人的にボロッと感涙してしまった事件(?)が、メルボルンコメディフェスがコメディ的に先導切って犠牲になったんですが(たしか開催の1週間前とか)、サム・キャンベルくんが、The TroughのLAライブを全編アップロードしてくれました。



The Troughは本当に素晴らしすぎる作品なので、ぜひ 感想→
http://www.gojohnnygogogo2.com/2018/08/edinburgh-fringe-2018-barry-awardsoho.html

 そして彼を含むオーストラリアのインディ・コメディグループの中でも結構注目のアーロン・チェンくんが、アメリカから戻ってきて14日間自己免疫せなあかん、その様子を毎日配信する、っていう設定でまじで14日毎日配信してます。サムくんが撮影・編集してるしちょこちょこ出てくるんで(声だけの時もありますが)キャンベル・ファン(→オレ)は絶対に見ないといけない新作。若いってすごいけど、無料で、広告もなしであげてます。



取り急ぎ。随時アップデートします

なんと、TASKMASTERのアレックス・ホーンがTASKMASTER in YOUR HOMESを始めます・・・



TASKMASTERについては何度かこのブログで紹介しているので割愛。
参考1: http://www.gojohnnygogogo2.com/2015/09/2015task-masters.html
参考2:(エイカスターくんの話しか書いてないですが 汗)
http://www.gojohnnygogogo2.com/2018/09/james-acastertaskmaster-part1.html

Alex Horneさんが taskをツイッターで出してくれるそうです。第1回目は明日23日月曜の9時から。制限時間は30時間。つまり火曜日の午後3時に締め切り。1分以内のビデオにタスクを遂行する様を収め、ハッシュタグつけて納品(ツイッターに)Alexは返事はしませんが、上がったビデオ・クリップは全部見ると公言(マジかよ、大丈夫か(驚))self isolationの中、お子さん3人から隠れるためにやるそうです・・・ ベスト五人が点数がもらえ、YOUTUBE上にアップ(本家タスクマスターとは別垢からのはず)、次々こなすタスクを終えて最終的に点数の高い人(またはチーム)が勝者となる・・・というルールだそうです。このコロナによる自己検疫が続く限り続くゲーム。どこの国でも参加オッケーなので、ぜひ参加して見てください(笑


2020年3月2日月曜日

Bossの名のつく中小企業の敵、Hugo Bossと闘うために、あの芸人さんが名前をHugo Bossにマジで変えました…の話


本当に公式に名前変えちゃいましたよ、この人。


何回かおすすめしている元の名前がジョー・ライセットくんです。
ライセットくんて(前にも書いてるかもしれないけど)消費者の味方になって企業をおちょくりながら正義を正すっていうのが彼のコメディの昔からのシグニチャースタイルだと思います。最近はChannel4でテレビ番組、Joe Lycett's Got Your Backにもなっているんだけど(*)、多分このS2と関係あるんじゃないかな? とにかく、ヒューゴ・ボス。なんであのファッション・ブランドと同じ名前に変えちゃったの? なんですが、

そのヒューゴ・ボスって「Boss」の名前を使っている中小企業とかブランドを訴訟して賠償金とか支払わせてるらしいんですよ。ウエールズのブルーワリーもエライ目にあったらしい。そこで元ジョー・ライセットくんが闘うために、なんとオフィシャルで名前をヒューゴ・ボスに変えちゃった・・・どうだ文句言えんだろ、と。

インディペンデント紙でも報道され
https://www.independent.co.uk/arts-entertainment/comedy/news/joe-lycett-hugo-boss-name-change-deed-poll-cease-desist-twitter-fashion-a9367401.html 


ツイッタもイギリスではトレンド入り。




ヒューゴ・ボスくんは、ヒューゴ・ボスと違って(笑)ナチのユニフォームを作った過去もない。



今後は自分のブランドを立ち上げ、番組を通して色々商品を販売していくそうです。





いつヒューゴ君が元の名前に戻るかわからないので、ヒューゴくんでいるうちにサイン欲しいー。(ツイートに添付してあるレターの署名必見)
マーチ売ってくれたら買いたいかもしれません(笑 

(*)ところでシリーズ2のタイトルはHugo Boss's Got Your Backになったりするんでしょうか。乞うご期待だな(笑 

2020年3月1日日曜日

辛すぎるので自分の気分を持ち上げる企画(1)最近お気に入りの英国コメディです(紹介取りこぼしのSNSクリップ編)


スコットランドはまだ感染者は0人で、相変わらず人口も少なく、移民フレンドリーなのでのほほーんとした環境ではありますが、仕事のキャンセルが次々ドミノ・ダンシングで、”the passage to 路頭に迷う” まっしぐらな稲村です。みなさんお元気・・・じゃないですよね(号泣)辛い日々を乗り越えるための心の支えにしていたイベントやライブがキャンセルになったりとか、何を生きがいにしていったら・・・ですよね。それに加え、発表されるはずのバンドのツアー日程も沈黙のまま…落ち込む先の底辺はあるのだろうか・・・。この上スコットランドはBrexit道連れの刑が待っているんですよ。引き回しのうえ磔獄門ですよ。(スコットランド独立問題の話をすると最低3時間は語ることになるので、ここでは控えます)

現状唯一のSilverliningニュースは喧嘩稼業の最新刊が4月発売ということ。まじでこれを心の支えに今月乗り越えよー、講談社&印刷屋さんがシャットダウンしたらどうしようだけど・・・と書いてるそばから進行が怪ぶまれるニュースが(号泣)

そんなわけで、今回(主に自分を励ますため)メンタル逃避企画。辛いことを一瞬忘れてブハッと笑ったり、ぎゃああ!っと叫ぶほどの情報やらコンテンツやらを羅列します。
今回は

実のところ、大人のコメディ界でも現在やばいのは、SNS発信コメディかもしれない


です。

ある意味、この不幸な時期には英国コメディ好きには朗報ということで・・・(涙)
ライブ・コメディをやっていた芸人さんが、instagramやTwitterで1−2分のクリップをあげているのが、爆発的なヒットになる傾向が多くなってます。フォーマットは、Vineが生きてた時にLimmyがやっていたみたいなもの。(コンテンツは違うけど、role modelだと信じて疑わない)ちなみにいわゆるYOUTUBERたちのやってることとは違います。
昨年だけで2人目玉スターが誕生しました。

1人はAlistair Greenさん。以前「ハイクオリティの鬱ジョークがツボすぎる」「ライブは意外とほんわか」と紹介したことがあり、なぜだかわからないのだけどアクセス数が高かった芸人さん。(あくまで当社比で。もともと3桁行けばいい方のアクセス数です)ちょうど1年くらい前じゃなかったかな? 「YOUTUBEとかに飛ばせようとすると(めんどくさがって)みんなクリックしないからSNS上であげようかと思うんだけどテクニカル的に・・・ブツブツ」とフォロワーさんたちとほぼ相談しながらあげ始めたクリップがあっという間に、大ヒットしましてん。1000人もいればよかったフォロワーさんが40倍くらいに膨れ上がり、いつの間にかブルー・ティックついてます!

その肝心のクリップはどんなのかといえば、様々な人物たちをリアルすぎるリアルさで生み出し演じていく、スケッチ&キャラクターコメディ。LimmyのVine seriesと同じ、無地(大抵黒)Tシャツと白い壁で、無地無機質に統一。演出効果とったらたまーにSE入れるくらいで、あるある!な人物の会話を展開していきます。イングランドの人間模様だけど、こういう人たちは世界中にいるから、この醍醐味は誰もがゲットできると思う。

例1)これは例の(よくある)、女性がホテルの部屋で男性と二人きりになってたらね、それはそう勘違いされても仕方ないでしょう的なことをいう、男の人の会話。あるある的にはツボ押しマシーンです。
例2)これは、心の底ではダイバーシティを受け入れられないおばちゃんが、こっそり(でも当たり前に)その色を出しちゃうの。お茶飲みながらお友達にゴシップしちゃうのが、ものすっごいリアルです。
例3)うんちゃらさんが言ってから、本当よ!って、すんごいこと信じちゃってる、絶対こういうおばちゃんいるってやつ。
前に何かのインタビューでアリスターさんが「ライブコメディをやっても上手にやろうとしていることを具現化できなかった。このやり方でやってみたら、うまくいった」と話していました。同意しちゃ失礼とは思いつつ、激しく同意した次第です。


さて2人目。Michael Spicerさんです。
マイケルさんは昨年春ー初夏くらいから始まった、報道インタビューなどで政治家たちの影で色々指示を出すPolitical Adviserのキャラ、The Room Next Door Guyシリーズの人です。TVのスクリプトエディターとかコメディショートとかちょこちょこいたと思うのですが、ここまで売れちゃったのはThe Room Next Door Guyのせい。オレもこのキャラの爆笑クリップがTLに流れてくるまで全く!知りませんでした・・・(汗)
繰り返し書いちゃってますけど、The Thick of ItやVeepはある意味、リアルの政治家たちに
潰されたようなもんです。政治的圧力じゃないですよ。冷蔵庫に隠れる首相とか、レポーターの携帯隠しちゃう首相とか(例をあげたらキリがない)リアルの方が、フィクションよりなんぼすごい破壊力を持ってるからです。そんななか、マイケルさんはこうした政治家たちのリアルインタビュークリップを使い「裏で色々指示を出しているにも関わらず失言とアホを晒しまくる政治家にフラストレーションを起こすアドバイザー」クリップを作っています。以下はオレのお気に入り。なんどみても涙流して笑えます。

**追記** マイケルさん、この3月でついにオフィスワークを離れ100%コメディで収入賄える事になったそうです!(祝)6月下旬の超有名なボリスの「心をリラックスさせるためにバスの模型作る」インタビューのおかげ(?)でまさかこんな事になるとは、的なツイートで皆さんにお礼をいっておりました。よかったよね!(涙)ほんとによかったです。

例1)現Home Office のトップ、Priti Patel のテロ攻撃対策



例2)Trade SecretaryのLiz Trussのブレクジット対策


例3)昨年12月、EU離脱を止められるかもしれない最後のチャンスだった総選挙直前の首相インタビュー(各党のリーダーは全員別のアンドリューと対面したのにコイツだけ逃げてもう1人のやりやすいアンドリューとインタビューしやがった、という背景があります)


マイケルさん、このシリーズ以前やこのシリーズの合間にも色々面白いものを作ってはアップしています。RADAの人だから、ショート作るのめっちゃ上手で、ジェームズボンドのオフィスライフとかCM広告撮影ショートとか全部めちゃくちゃ笑えます。

以下は、新旧含めて一例です。(すいません。ダイバーシティを一切気にしない紹介の仕方で大変恐縮です(汗)。自分のマーキングしているお気に入り女子芸人さんがこういうことをやっていないのですよ・・・)

Tongue in Cheekにしてはクオリティが高すぎ・・・なBob MortimerのTrain Guy

おなじみ(説明は不要Vic and BobのBob Mortimer が、かるーいノリでインスタ通してやってるですが、もともと天才なので、このカジュアルさで、このクオリティですか(汗)と、頑張って努力してる芸人さんたちがかわいそうになってしまうくらいの才能を見せつけちゃってくれているのが、このTrain Guyシリーズです。(携帯電話で商談決まった様子でも中身あるミーティングでもなさそーさけど、膨らまして話してるビジネスおっちゃんいるよねーって感じの)。

Vic and Bobはアーミーがいるので、YOUTUBEにまとめてあげてくれてる人がいるから、楽ちんに追っかけられます。




Alistair Beckett-Kingさんの古典&歴史、民話おちょくり系コメディが地味にヒットしてます。

現役弁護士さんらしく、すみません、オレ、ライブではみたことないです(汗)この人もTLに流れてきて発見しました。ポッドキャストをやってらっしゃるのですが、ポッドキャストで別記事作った時に。
今年の夏エディンバラにいらっしゃったらみにいきたいなーとは思ってます。


下のはシェイクスピアずきの人にはツボなのでは?

今回、最後に。Olafさんは打率結構高いのでお忘れなきよう(笑)
Olaf Falafel さんは エディンバラフリンジで絶賛しているはずなので(あった!ここだ)彼のプロフィールとかショーに興味のある方はぜひリンクを踏んでください。オラフさんのツイッターはちょうど彼のコメディを表現するのにぴったりの場所なのだなと思わずにいられないですね。ちょっとだけご紹介しておきます。あとこれは英語よりはビジュアルとか音の笑いなので、本当に誰もがぶはっとなると思います。








2020年2月14日金曜日

HBOの新作コメディAvenue 5が素晴らしすぎる件(記事後半第1話完全ネタバレしてます)


イアヌーチ先生とその仲間たちというのは、ものすごい大まかですが、例えばクーガン・ギーク*でThe Thick of Itギーク**の脳みそ育成の65%くらいに関わっているんじゃないかと推測します。この層ってモンティ・パイソン、ブラックアダー系列ですからね。全世界の英語コメディファンの半分くらいの脳みその65%くらいを仕切ってるますよね。それって神ですよね。

なので「Avenue 5」(HBO)はその神様たちの作った新作コメディということでよろしいでしょうか。よろしいと思います。
我らファンがご馳走とするイアヌーチ・テイストが全細胞を駆け抜ける、今までの全ての傑作たちと互角に並ぶ傑作シリーズと言っても過言ではありません。まだ1シーズン終わってないけど最低2回はリピート再生してるもん(笑 きっとスーパー面白いものしか作れないんですよこの方々。本日2月12日、早々にシーズン2の制作も決定!嬉しい限りです。

日本でもトレーラーが見れるのかわからないけど貼り付けます




【設定と出演者】

Avenue5は 宇宙旅行が可能になった近未来、宇宙船「アヴェニュー5」で宇宙を旅する船上、そして地球上からモニタリングする管制塔の2箇所で進行していくコメディドラマです。(シットコムではないです)

経験豊かなキャプテンとクルーたちにより安全と快適が保証される宇宙船アヴェニュー5、実はバレたら大変な秘密をたんまり隠して宇宙観光旅行を催行しておりました。そんななか、ある事故をきっかけに、その美しく完璧な仮面がパキパキと壊れていき・・・お客さんたちにバレずどこまで逃げ切れるか・・・というハラハラドキドキ抱腹絶倒が畳み掛けて襲いかかります。

トレーラーの通り、コメディ的角度から見た出演者が錚々たるメンバーです。
Hughe Laurie, Rebecca Front(→古株ファミリー)Daisy May Cooper (→This Countryの )
Josh Gad, Zach Woods, Suzy Nakamura(→米国勢 すみません。オレはアメリカのコメディ界に大変疎いのでこれ以上がよくわかってなくてすみません)

常に新しい才能を引っこ抜いて仲間にしてきたイアヌーチファミリーらしく今回の抜擢目玉キャストといえばDaisy May Cooperではないでしょうか。エピソードが進むに連れてどんどん出番が増えくるのもツボです。



(以下から、第1話のネタバレ! 知りたくない人は気をつけてください)



----------------------------------------------------------------

【第一話】
細かい技術的なことわかんないけど宇宙旅行産業でお金稼いじゃお❤️みたいな(どこぞの誰かみたいな)実業家ハーマン(ジョッシュ・ガッド あ、アメリカ発音ギャッドなの?)が所有するラグジャリー宇宙船アヴェニュー5は今日も宇宙を優雅に航宙中です。キャプテンはアヴェニュー3で起きた火災事故から乗員たちを救った経験を持つキャプテンと同じライアン・ジャック(→ヒュー・ローリー)。自信に満ちた笑みで乗員一人一人に対応し、皆も「彼がいるから何があっても大丈夫!」くらい信頼を置いております。
 船上はヨガとかカウンセリングとかレジャー関係のプログラムや食生活もゴージャスで充実。だからと言ってわがままや不平不満が出ないわけがありません。特に口うるさいキャラン(レベッカ・フロント)は要注意・・・なんですが、カスタマーサービス担当のザックは(シリコンバレー感ダダ漏れの)適役とも言える性格で見事お客様対応をかわしまくります。

そんなある日、乗客を集めて地球の管制塔と交信するというイベント中、テクニカル上の不具合が原因で事故が発生。機体の重力がバランスを崩し、エンジニアが死亡、乗客からも怪我人が多く出てしまいます。それだけではない、この結果、宇宙船は元々の軌道コースから大きく外れてしまい、5週間の旅だったはずが、3年コースに!!
この現場はもちろん衛星生中継。お客さんにもバレちゃってマジかよ状態たけなわに。この緊急事態をなんとかしようともう一人のエンジニア、ビリー(レノーラ・クリッチロー)、ハーマン、そして副オーナーのアイリス(スージー・ナカムラ)は「あの!火災事故をくぐり抜けたライアンならなんとかできる!」と信じきり、彼の指示を仰ぐのですが、実はライアンはみんなのイメージする「キャプテン」役として雇われた超!どシロウトだったのです。(イメージとしてはディズニーランドのアトラクションで先導する船のキャプテン、みたいな感じ)おまけにライアンが冷静を失った時に発した言葉で、本当はイングランド人だったのもバレてしまいます。そう、SF映画やTVシリーズで見慣れている安心のイメージを与えるために、アメリカ人のふりしてたのでした。(→ここはヒュー・ローリーファンにとってはめちゃくちゃツボネタ!個人的にはこのシーン3回繰り返して見ちゃいましたね。涙流して笑えます)そんなわけで、当然アヴェニュー3での活躍は自分の功労ではなく消防隊のおかげで、ライアン自身は何一つしていなかったのです・・・
 
 事実上舵をとる人物がゼロの中、地球へ帰れるまで1000日以上。どうするアヴェニュー5。窓から見える景色からは無情にもお亡くなりになったエンジニアさんが重力と軌道の関係で遠ざかってしまう事なく宇宙船の周りをぐーるぐると回っています・・・



*The Trip to Spain見てないけど(汗)1も2もあれだけ騒ぎ倒しておいてSpainをすっ飛ばすのもどうかと思うのでいづれ見ます

**騒いでいた断片にご興味のある方はこちらをどうぞ…
http://komeddy.blog130.fc2.com/blog-category-35.html

2020年1月20日月曜日

Netflix Sex Education/セックス・エデュケーション のシーズン2も素晴らしいところがいっぱい!だよ!のお話です




人生も半ばよりは終わりの方に近い年なので、1時間もののシリーズを全部いっぺんにbinge watchingするスタミナが全くないんです。にも関わらず! 8話全部一気に観ちゃったよ。そんなクオリティの高いシリーズがNetflix Sex Educationです。Mindhunterが打ち切りという話で持ちきりの中、静かに(多分)シーズン2が配信開始になってますがみなさん観ておりますでしょうか。観てください。シリーズ1でべた褒めしてる感想はこちら

シーズン2は、スパイディーの能力のないバージョンのピーター・パーカー度がさらに増したオーティス君を演じるエイサ・バタフィールド君がさらにうますぎて、今後の彼のキャリアとイメージが心配になるほどです。また、それぞれのキャラクターを通してのセクシャリティの探求とセリフ運びが飛び抜けてナチュラルかつ俊逸で、多少のベタなプロットなんて全く気にならないくらいです。むしろ、時としてハイスクールミュージカル並みにベタなプロットは、多くの視聴者がセクシャリティをありとあらゆる角度からものっすごく自然に受け入れるように作るための仕込み技術である、と考えたい。それによりジェンダーとセクシャリティのドリームランドのような世界がこのドラマの中で成立できるのだ、と言いたいです。

正直、現実、まだまだSex Educationのようなリベラル最先端な世界は当たり前ではないかと思います・・・。ロンドンとか都会はわからないけど、多くの学校ではまだまだ ゲイやバイであることをカミングアウトしづらい状況だったり、深く触れないようにする教育方針だったり (参考リンク:https://www.independent.co.uk/news/education/education-news/lgbt-lessons-school-parents-consultation-equality-human-rights-commission-a9181326.html。)*。このドラマでは親御さんも概ね好意的だし、子供達も誰がどんな相手と何してても全然オッケー。特にS2では、個人のレベルで、対コミュニティー社会色は少ない。

シーズン1にお友達と話していたのですが、イギリスのティーンエイジ(コメディ)ドラマのカテゴリーだけど、イギリスの学校っぽくないの。(とはいえBBC3もこーゆー感じの色出してるのあったけどおおその名もBad Education)地域特定できない。でも地域特定できないからこそ、理想郷を成立させ、こうあるべき、こうでいいのだよ、というメッセージを無理なく自然にストレートに打ち出すことができるんじゃないでしょうかねー。ジェンダーとセクシャリティ問題で悩む子達にポジティブ・メッセージが送れていて素晴らしいと思います。

シーズン2の制作サイドもさらに強化。さ元(?)YOU TUBERのMawaan Rizwan、このブログではおなじみのRichard Gaddさん!そして近年注目度がどんどん高くなっているRosie Jonesと助っ人が入ったからこそ、本当に取り扱いの難しいセクシャリティとダイバーシティが超メインのシリーズにおいてキャラクターの心理描写や言動展開など、痒いところに手が行き届き、輝いた仕上がりになっているのではないでしょうか。個人的にはS2の新キャラ、イサックくんがエピソードを重ねるごとにここまでピカってきてしまったのは、彼らのインプットのおかげに決まっている・・・!

というわけでぜひみてください。
ガッドさん回は第5話ですよ!

*ちなみに、うちの地域もかなりリベラルな方です。でもここまでじゃない。

2020年1月17日金曜日

Work in Progress から1年。タイトルもついたよBasdenさんの10年ぶりの1h 新作 Sorry Thank You Please観ました




https://sohotheatre.com/shows/tom-basden/


追加席とかガツガツ入れてるんで、明日(1月17日)までSOHO THEATREで捕まえられると思います。

【はじめに】
とにかくStand-up/Story Tellingカテゴリーとしては、10年ぶりの新作なんですよ。(WIPのまま流れるかと思ってたんですよ、マジで!)世界が誇るバスデンファンのオレ様が行かないわけには行かないんです。根回しだって昨年WIPファイナルのPR時くらいからプロモーターさんに「お願い、バスデンさんのショー、プロパーやるなら11月か1月にして」って懇願してたんですから!(「・・・え、ええぇ・・・11月か1月ねえ・・・(渋り顔絵文字)」されましたけど!) 本当にきき入れてもらったとはとても思っていませんが、結果的に1月ですよ! アー写とりおろしも10年ぶり*。プロモーターさんもこの先10年分のアー写のstockpileのつもりでとりましたと認めずにはいられない量のアー写がフィーバー大流出です**。祝!写真がついに年相応に!!

【個人的に15年ぶりのSOHO THEATRE体験】
オレさま、SOHO THEATREを散々紹介しているわりに実はほとんど行く機会がないんですよ。SOHO THEATREってエディンバラフリンジの話題作をキャッチアップするのにベストなところ。なので、2002年に娘ちゃんが生まれたために流石に翌年から2年くらいエディンバラフリンジに行くことができなかった時だけしか行ってないんです。最後のSOHO THEATRE訪問が確かフリンジ大賞受賞時のDemitri Martinだもん・・・(→同行者はドン引き)
そんなわけで今回、3つもハコがあるコンプレックスになっているSOHO THEATRE初体験。


この1階のガラス張りのバーエリアが、Gilded Balloon とかPleasanceのwaiting bar的なエリアで待っとると「〇〇時の〇〇のショーを待ってる人ー!今から入場できますよー」とお声がかかる。同行者によると1日にいくつものショーをこの3つの会場で回しているとのことで、なるほどー、そういうことか、と。

バスデンさんは地下のハコで、入ったら本当に昔のPleasance Cabaret Bar、またはhipster版The Stand 1みたいな感じ(笑 


やっぱりスタンダップなのに席を予約、全員座れるっていうのが、civilised してる、と(笑 The Standなんてチケットあったって椅子を保障してくれないですから、ソールドアウトの演目はドアオープンより前に並ばないといけないもん。

【(極めて客観的に考え抜いた)感想】

Sorry Thank you Pleaseって、イングランド人なら口癖だったでしょ? なんかあったらSorry、自分悪くなくても挨拶がわりにSorry口にしてたでしょ? バスデンさんはそういうイングランドに生まれそんな時代を生きてきた。でも結婚して子供生まれて39歳。ふと気が付いたら、誰もその3つ言わないし思わない世の中になっちゃってる!
道でちょっとぶつかりそうになったら、両手をデニーロにして「お前謝れよ」、何かしてもらっても「当たり前だろ」何かしてもらいたくても「オレ様には当然の権利」・・・どんな世の中になっちゃったの。そんな世の中に息子生まれちゃったよ。白人のイングランドの男の子だよ(そして2歳半の息子はふぁっきん傲慢 w)。白人イングランド人、バスデンさんが迷走する様を描く1時間でした。

まず、想像以上に昨年のWIPで聞いたストーリー、そしてネタがしっかり残っていて正直めっちゃ驚きました***。本当にあの最初見たのが骨組みのドラフトで、その後、構成を入れ替えたり、推敲を重たり、そしていらない言葉を全て削ぎ落とし、1時間内に収める…ストレートなスタンダップ芸人さんの作り方と違いますね。まさに物書きならではのプロセスが仕上がりから透けて見えたのが面白かったです。例えば、息子くんと動物園に行った時のネタ(オチは言わないよ!)。オレの見たWIPでは最後に持ってきてたしネタ自体のクオリティとしてもクライマックスにふさわしいくらいなのですが、プロパーのフルセットではなんと前半に持ってきちゃってて、トーンとオチの表現もすっかり変えてた。代わりに中盤くらいでさらっとやってた「ホームレスの人に何か買ってあげようと思って…」ネタがこのショーの肝ネタの一つとしてブラッシュアップされていた。

また、オレのようなバスデンオタクと、普通のliberal arty系コメディ好きの人たち、両方の層をターゲットに同じものでちゃんと響くように非常に考え抜かれて構築された作品だったと思います。 バスデンさんのスタンダップのスタイルって軽いテイストなんですよね。日常の体験やobservationのトホホを語るだけでそこまでがっつり社会派コンテンツへ繋げていかない。表現も結構ユルくてsubtleです。ただ明らかにそのリンクは見えていて、客がそこを読み取るようになっている。で、上記2グループはその微妙なラインを見事なライティングでexecute しているのを素晴らしいと賞賛するタイプ。一方これを物足りない、パンチが効いてないって思ちゃう超ガチガチ社会派コメディ好きはいるかもしれないな、と思います。ここは好みの問題です。

バスデンオタクとしては、学生時代にどんなヤツらがいたというネタ(だって当時のFootlightsのメンツ)と、ベン・バーンズをライバル意識したというもはや1 liner に近いネタで大爆笑しちゃいました。でも、その日客席にいた一部の人たち用だったはず****で、正直ここで笑っちゃった自分ってゲロキモイって自分で思ってます(滝汗)・・・ 

この新作は多分1週間だけで終わることなく、バスデンさんに時間ができたら断続的に上演されるんじゃないかと思うし、機会があればあちこちで見れるんじゃないかと思ってます。上演情報はこの記事のトップで常にアップデートをして行きます。エディンバラフリンジに数日でもいいからきてくんないかなーというのが希望(去年からの!)です。数日だったら家族できやすいですしねー。


*どこにでも撒けるアーティスト写真のことです。媒体インタビュー用のとりおろしとかはポロポロあるんです。でもそれは媒体とカメラマンさんに著作権があるからそれ以外で使えないので・・・。
**現実的には5−6まいです。アー写のとりおろしを26−8歳ごろの使ってるのに慣れちゃって、こんな量でも大量に感じるんですよ(震)
***とは言いつつ、当時よりは「生」「死」のテーマ色はなかったので絞ったんだと思います。
**** オレがいうのもどうかと思うのですが、オレが見た日は、ステージより客席の方が華やかだったんです。同行者の左テーブルにTim Key, Simon Bird, Jonny Sweet君が座ってて、オレから一つテーブル飛んで右にJoe Thomas君がいて、しかも後ろの方には昔からの友人(多分業界関係者)もいたの・・・。きっと後方にも、うじゃうじゃいる気がする。Mark Watsonとか! そんな意味でもこの夜はエディンバラ・フリンジっぽかったです。

このメンツが客席で去年のWIPの時のようなゆるさは無理180%、よしんば出入りでハローできるかも?という甘い希望も崩れますた・・・去年ハローとお写真撮れといて本当によかったです。