イギリスを主とする海外コメディをガツガツご紹介するブログです。産地直送のイキのよいコメディ情報を独断と偏見でピックアップして(だいたい)絶賛します。***トホホな事情が発生して今まで書いていたGo Johnny Go Go Go を更新できなくなってしまいました(涙)今までの膨大な海外コメディ記事はhttp://komeddy.blog130.fc2.com/でございます。。。

2018年6月16日土曜日

特別編:Brendon Burns 師匠のUK Comedy sceneに関連する雑談まとめと師匠のエディンバラフリンジ2018の宣伝。


お久しぶりです。稲村です。今日は特別編。おいおいこれくらい英語でまとめろよ、なネタです。

90年代の若くて正統派超イケメンの時から、ネタと喋りが危険すぎてtvに出演できなかったわりに(MTV司会も即降板 苦笑)玄人と業界とコメディギークの間では絶大な人気を博し、実際エディンバラ・フリンジを含むいくつものライブコメディ賞も受賞しライブコメディの醍醐味を常に最先端で提供し続けてきてくれたオーストラリア出身のブレンドン・バーンズ師匠。
画像で紹介すると、90年代ー2000年中盤概ねこんな感じ。ほうらっ!!
ごっっつうイケメン兄さんだしょ?!

(おさしんソース)
https://geraint-lewis.photoshelter.com/image/I00006Bfc6kM1Phs

ちなみに現在もイケオジですよ。めっさかっこいいですよ。



常に社会派なネタを盛り込んでおり、近年はレイシズムが結構多かったかも。人種差別についても、Liberal Arty White People、つまり、師匠なんですが、本来突っ込まないところへ突っ込んでいくという、ぶっちゃけ、例えばフィン・テイラーさんは師匠なければ存在できなかったであろうという、いばらの道を作りづつけているライブ・コメディのパンクです。
オレはかれこれ20年来の師匠のファンでありますが、師匠ご本人に憶えられるようになったのは、近年コメディビジネスの形態が変わってからの5−6年くらいのことです。そんな経緯がちょっとありまして、今回、師匠が目下「ファンと師匠で運営するライブツアー」企画の下で行ったブライトンでのライブに、参加いたしました。師匠の会場入り時間頃に入りまして、パシリやったり、別件の撮影手伝ったり。すんごい楽しかったです。ショー自体は90分予定だったんですが、別件もあったりしたので、結果5時間に。その間、おしゃべりしたことが、コメディ業界が抱える様々な問題をね、色々と反映しておりましたので雑記的に覚書みたいにちょっと記録しておきます。

オレと友達になってくれる人にはBrendon Burnsといえばほぼ90%が「オレも大好きー!(注:女子が5%)」という反応なのですが、はっきり言ってこの状況はただのエコー・チェンバー。実際ブレンドン・バーンズと言って、一体何人のイギリス人が「おお!」となるでしょうか。答えは、今回のライブの集まり人数20人以下の観客数です。ブライトンというLGBTとイレクトロ音楽が売りのリベラルアーティピーポーが居心地よく住む街でさえ、「ブレンドン・バーンズが特別シークレットライブをやるよ!早い者勝ち!」と呼びかけて即座にくる反応は「ダレ?」なんです。

しかしそれは、師匠自らが選んできた道の結果であります。つい10年くらい前までLondon Apolloとかでっかいハコ埋めてましたし、エディンバラでだって3週間300席はあるようなおっきなハコでやってたんです。コーポレートギグとかね、やったりもしたんですよ。でもね、そこには呑んだくれちゃったスタグナイトの連中とか、自分の笑いをわからない偉そうなスーツの人たちとかを相手に喋らんといけないという副作用が。それよりは自分の笑いをわかる20人以下のファンに思いっきりやる方がなんぼもいいんですって。
師匠のネタは性能が異常に高いVerification radarの元に作られているので、同じレーダーを持つ観客じゃないと、失礼だとか差別だとかと、誤解されかねんのです。それがどんなネタかというのはぜひMansplainingを観てください。エディンバラ・フリンジのチケットはこちら https://tickets.edfringe.com/whats-on/brendon-burns-mansplainin
ネタバレしないように説明しようと思ったんですが、どうしてもネタバレになっちゃうので、怖いので避けときます。

師匠はライブコメディのTVやDVD化も、自分がコントロールできる場合のみ。これは日本でもかなーり昔からビートたけし氏や松っちゃんをはじめ話をしているので、非常にお馴染みの話かと思いますが、局側の都合、販売元の都合(視聴率、販売率をあげたいため)で都合の良い笑いを作り出してしまうんですよね。笑うべきところではないところに、笑いの音入れをしたり、笑いどころではないところに、人の笑顔や芸人さんの声を入れたり。こうしたつぎはぎに耐えられず、もうTVのライブも嫌だしDVDも人に任せたものはいや…っていうことをやっていると露出度はさらに減る一方なので、さらに知るひとぞ知るのレジェンド芸人さんになってしまう。。。


そんなわけではありますが、やりたいことをやらせてくれそうならTVでもやる気あるんです、師匠は。なので、今回お手伝いした別件の撮影、上手に行くといいなー!と思いました! とりあえず以上です。

2018年6月12日火曜日

Richard GaddさんのBBC Radio4 の番組収録行ってきました!(No spoilers)



地元だったんでー でへ。


http://gildedballoon.co.uk/programme/performances.php?eventId=14:2382

注:Richard Gaddさんはファイフ出身のスコティッシュでございますので、こういうところでお得な目にあうのかと思いますふぉっふぉっふぉ。友人がチケットをゲットしてくれてたので、飛びつきました。

今回の発見としては、Gaddと聴いたら飛びつくファンが殺到し、この収録チケットは速攻なくなるかと思いきや、満席までは行かないという状況で、びっくり。エディンバラ市内の人間だけが行けるような日程で、Gaddさん以外まともにTweetしてる人もいない超ローキー収録のせいかと思います。

いや、なんぼなんでもネタバレはしないですよ。番組放送時にお楽しみください。
30−40分程度の完全スクリプト台本に、バンターネタと伏線を何本も入れ、一気にほんとだったら笑えねーネタで落とす落とす、というWaiting for Gaddotcで魅了した要素を今回もふんだんに盛り込んだGadd コメディの真骨頂でしたよ。
Gadd さん、Monkey See Monkey Doをフリンジとその後1年間あちこちの都市で上演したのちはずっとドラマで良い役に抜擢されることが目立ち、コメディ分野がおとなしく感じられたのです。ですので、この収録がここまで以前に見ていたGadd コメディと変わらぬ際どさをしっかり持っていたことに、すごく!!嬉しさを感じましたし感動もしました。とにかくものすごく秀逸なので絶対聞き逃さないでください。もはや名物、Gaddさんのバンタージョークも! 聞けます!!

【備考】生ガッドさん、3年たったらめっちゃ男前になってた。めっさかっこいいっす。3年前は目力とか顔色とか、変な怖さがありすぎて、近寄りがたかったし、イケメンくんではなかった(と思う!)今日みたガッドさん、めっさかっこえーーー!!! 心も安定したからかもしれないけど笑顔がものすごい似合ってて、うわーナマで見れて超ラッキーって思いました。ので、みんなもナマ・ガッド見て!!!

2018年4月28日土曜日

2018年個人的親近感湧きまくり第一位映画決定。Love, Simon 観ました


予告編です



原作Simon vs Homosapien Agendaの映画化です。


数年前うちの娘に買え与えた本だったのですが、自分もどハマりした本のため、映画予告が解禁になった時から「絶対観る!」と鼻息荒くしていたわりに、なかなか行けず、4月6日英国公開だったにも関わらず月末ギリギリに駆け込みました。


あの、サイモンはゲイなんですが、カミングアウトすることができないでいます。家族も友達も彼がカミングアウトしたところでウエルカム、というような環境にいるんですが、カミングアウトできないでいます。今ある大好きで居心地のいい全てが楽しい状況がカミングアウトすることでなくなってしまったら、変わってしまったらどうしようという不安が、彼を正直でいることから遠ざけています。

そんな中、学校の生徒の誰かがブルーというアカウントネームでインスタだけでカミングアウト。学校中が誰だ誰だと騒然とする中、サイモンは同じ秘密を抱えるこのアカウントの主にメールをします。そしてメールのやり取りが続くにつれ誰ともわからない人物に特別な感情を抱き始めますが、ある時このメールを学校の図書室で行い、ログアウトするのをうっかり忘れてしまったところ、クラスメイトの一人に見つかってしまい。。。

というあらすじです。

原作を読んだ時(数年前)と現在で時間が経っちゃって当時のツボと今のツボが変わってしまったんじゃないかと思うので、下記どこまで信憑性があるのかわからないのですが

原作はもうちょっと笑いが強かった一方、映画はSimonを中心とした感情、特に、恵まれた家庭に生まれ育った、なんの屈折の必要もない、ふっつーのティーンが抱く不安や Vulnabilityに重きを置いた作りになっていたと思いました。

オレはストレートだけど、Simon観てて「これ、オレの話ですか?」って思いながら観てましたね。ここ7−8年くらい友人&恋愛関係が発展するのってメール、テキスト、チャットですよね*?オレここ9年新しいリアル友達は全員SNSです。友情や恋愛関係がどうこうなるのが全部オンライン上というのは、今まで山のように描写されているので、ちっとも珍しくないのですが、描写(多分演出と役者さんがうまいんだと思います)が非常に丁寧繊細なんです。「あ、コレ、オレじゃん!」と何度も思いました。特に序盤で、サイモンが思い切ってブルーにメールした後、返信を待つ期待と不安と緊張。返信が気になりすぎてWiFiでも3Gでも4Gでも1秒でも電波の届かないところにはとどまれない。電波中毒です。なので

おお。オレオレ。オレ。あ、それ、オレオレ。
(最後の20分くらいのぞいて。なぜなら素敵ハッピーエンドだから!)

そんなわけで本作、ゲイ映画って括られると抵抗があります。ゲイの子を取り扱っているからゲイ映画っていう観方をされると、本来のこの映画の描いていることを取りこぼしてしまうと思う。この映画で描いていることは誰もの心に潜む不安や恐れの感情なんです。サイモンはそれがたまたまゲイであることだった。本編中に「なぜゲイばっかりカミングアウトしなきゃいけないのか。ストレートであるこをカミングアウトするんでもいいんじゃないのか」みたいな下りがあるんですが、そことオレが言いたいことは繋がっていると思います。なのでぜひオレらの人生の通過点だった青春時代を描く映画として観て欲しい。かな、と思います。

日本でも早く公開して欲しいですねー

*tinder とかMatchdotcomとかOnline Dating siteってやったことないからプロセスがわからないんだけど、んじゃ会いましょか、に到るまでって電話とかスカイプとかなくて専用メッセージ機能でやり取りするって聞きました。で、あんまり何もやり取りしないで、すぐ、じゃ、会いましょか、ってなるんですって? よく喋らないで、どうやって会うか合わないかの判断基準を作るのかよくわからないんですが、よく知らないことに口を挟んでもしょうがないので、ここで黙ります。

2018年4月7日土曜日

マーティン・フリーマンが出演しているGhost Stories(日本語タイトルは「ゴースト・ストーリーズ英国幽霊奇談」らしい!)観ました(ネタとかバラしてません)


こんにちは。たまにはみなさんが気になっているコンテンツを観て感想を書こうと思い、公開初日に行きました。



マーティン・フリーマンが出演していることで日本でも話題だと信じているGhost Stories(邦題は「ゴースト・ストーリーズ英国幽霊奇談」で7月21日公開らしい!)です。もともと舞台劇だったものを映画化。舞台劇含めアンディ・ナイマンさんとジェレミー・ダイソンさんが手がけています。前者はもしかしたら認知度低いかもですが後者はThe League of Gentlemenのジェレミー・ダイソンさんなんで、英国コメディファンにとっては同じみ?でしょうか。

舞台観てないので、プロット何も知らずに観ました。やっぱり素晴らしいですね。舞台よりも映画の方がビジュアル的にもっと怖いんじゃないかと思います。かなり立派なホラーになっていました。個人的にはポール・ホワイトハウス氏が出てるのが今回のポイント高いところだったのですが、最近この辺のエッジのきいたクオリティ高いコンテンツになるとブイブイ起用されているアレックス・ローサー君がここでもピカリ光っておりましてはー!と思いました。この子すごいですね。

マーティン・フリーマンに特化してビジュアル的なことを言うと、カウンターみたいなところで座ってお酒かなんか飲んでるシーンがあるんですが、ものすごいちょこまんとしていて、あーマーティン・フリーマンだなーと思いました。

以上です。



2018年4月6日金曜日

究極のLow-fi で一発だけの特別企画 BBC放送のLimmy's Homemade Showで再びLimmyは天才なのだという思いを噛み締めてみる


オレやっぱりLimmyって天才だと思います。

https://www.bbc.co.uk/iplayer/episode/b09yj4rc/limmys-homemade-show?suggid=b09yj4rc


Limmy's Homemade Show はBBC(Scotland)の30分もの一発企画。文字通り’自家製’でLimmy以外出ません。BBCに放送するための事務的なデータ転換作業くらいしか制作に別の人が入ってきません。
Limmyがこの番組を作るにあたり機材以外でのお金はかかってないと思います。

ちなみに多くの人が気になっている、この番組を制作するにあたってのLimmyが使った機材は以下の通りだそうです。

Limmyのツイートが見えない場合、
"To the folk asking, I filmed Limmy's Homemade Show using a Canon G7 X Mark II.
The mic was a Rode smartLav+ taped to my chest, or a Rode VideoMic Pro on a stand, both recorded onto a Zoom H1. Edited with Adobe Premiere, music made in Ableton Live 9."

Canon G7 x Mark IIってただの家庭用じゃないっすか。マイクもこのレベルのリーズナブルさでいいんだ!(42ポンドくらい)全部自然光ってことよね??? 
解像度がやっぱりオンエア用の規定に満たしていなかったみたいだけど「自家製ショー」ということで、例外的にオッケーが出たらしい。


Limmyのツイートが見えない場合
 "I was told by the BBC that the Canon G7 X wasn't a high enough bitrate (I think the BBC minimum is 50 Mbps, my camera is only 25), but they made a one-off exception, cos of the homemade idea."

画質だけの話じゃなく、よくも30分家の中と近所周辺くらいで、何一つプロップもなく、自分だけでこれだけ奇妙で面白いもの作れるよな、と。Vine やツイッター、ウエブじゃないですよ。BBC 放送レベルですよ。魅入ってそのまま30分。(鏡つきのテーブルを覗き込んでの)老いネタや、コメディって何?ってスケッチ(?)はsubtleだけどめっさダークで深かったし、Vineのシリーズネタのも1つあったけど知らない人もHomemade showの枠内で納得できるもんだったし。

Limmyってやっぱり天才としかいいようが・・・

iplayerに上がっているので、スコットランドに住んでいなくても見れるのでぜひ視聴してください。Limmy曰くHDで見ろ、とのことでした。うん、それは非常にわかる気がしました(でも多分HDで見てないオレ)