イギリスを主とする海外コメディをガツガツご紹介するブログです。産地直送のイキのよいコメディ情報を独断と偏見でピックアップして(だいたい)絶賛します。***トホホな事情が発生して今まで書いていたGo Johnny Go Go Go を更新できなくなってしまいました(涙)今までの膨大な海外コメディ記事はhttp://komeddy.blog130.fc2.com/でございます。。。

2017年8月28日月曜日

Edinburgh Fringe 2017 祝14禁!クオリティ★ナマ体験をお子様にご検討中のオタク親御さんへおすすめその① Rhys James 君


というわけで、前からちらちら年齡に合わせて見せていたのですが、年齡制限には引っかからずとも、コンテンツの理解にひっかかるというケースは否めない。やはりほんとに理解が始まるのは、14歳、14歳でございます。
ええ、ついにうちの娘も14歳半になりまして、中身と年齡が14禁オーケーになったのです。とはいえ母がみたいものが16禁に溢れるなか、

1 お金を払う価値のある14禁
2 本人が1時間面白いと思う14禁 

選びはかなり難しく選択肢が少ないんですね、意外と! とくに最初は心して絶対に当てないと、「おもしろくねー。Netflixのほうがいい」「おもしろくねー。You tubeのほうがよっぽど面白い」になりかねないのです。いや、はっきりいってかなり簡単にそうなってしまうのですよ。
シャレんなんないんです。一本一本が生死をかけた真剣勝負なんです。

多大なるプレッシャーを背負ったオレ様が、未来のフットライツメンバーが(→オックスブリッジにはほぼ入れない)(→娘は頑なに拒否)清く正しく美しいコメディの道を進むべくと、その責任を丸投げした芸人さんは、リース・ジェイムズ君です。



https://www.pleasance.co.uk/event/rhys-james-wiseboy/performances
(まだチケットは残っていそう?)

あら、去年行かなかっただけで、ソロは結局全部行ってたんだ、オレ? 
過去の感想はこちら→ http://www.gojohnnygogogo2.com/search/label/Rhys%20James
でも、きっとこの過去の鑑賞経験から、頭の後頭部で「14禁デビューはリース君アリだな」と思っていたんだと思いました。というくらい、さあ、何をみよう、と思ったときにまっさきに浮かんだのはリース君でした。

今回は、さすがに26歳だし、Mock the Weekとかしょっちゅうでるようになっちゃうし、TV番組でもコーナー持ったり、スケッチもやったりしてたから、過去2−3回観たときのような若さとかわいさでなめられてはいかん、という気負いや気張りがなくなってて、良かったです。コメディを職とするコメディアンの、花のいのちはみぢかくて、苦しきことのみ多かりき的なはかなさを語るアイロニー60分でした。

表現するメインのネタが1−2年前に日本でお正月に放送され、世界中のSNSでシェアされて話題になったとあるクリップだったことと、最後のオチに日本語ガッツリテロップ入ってたこと、おまけにガキの使いの七変化クリップ(多分、塚地さん回、字幕なし)まで使ったこと、というなんだか日本づくしだったので、伏線で色々興味が湧いちゃって(例:リース君、ガキの使い観てるんだ!とか 汗)、視聴の仕方と感想が脱線しちゃいました。ガキの使いのクリップが本当に気になっちゃって、塚地さん回か確認したくて質問ツイートしたけどスルーされちゃいました(汗)
そりゃそうよね。まさかそんなもん(別にネタとしてではなくてイメージ的に使ってただけと思うので)質問する人がいるとか思わないもんね(汗)

日本関連の余談を抜かしても14歳以上のティーンのお子様を連れて行って面白いと思うので、ぜひロンドンで捕まえてみてください。通年だと秋にはSOHO THEATREでやると思うので!


2017年8月21日月曜日

Edinburgh Fringe 2017 天才!James Acaster君の過去の傑作とりこぼしたオレのような悩めるオタクが泣いて喜ぶ3部作復活上演!のうちRepresent 観ました。

似たような悩めるオタクがいるとはつゆ知らず。気がつけばほぼソールドアウトで(過去三年のショーをまるまる日替わりでやっているだけなのですが!)なんとか追加公演で、2作目の「Represent」を観に行けました!














https://tickets.edfringe.com/whats-on/james-acaster-the-trelogy-represent

昨年観て衝撃をうけた「Reset」の感想はこちら

関係ないですが、エイカスター君のファッションって、ネタであれだと思ってたんですけど(→イングランド人ギークの装いと地味キマワリないかぶったイロのセレクション)素であの服装なんですかね。っていうくらい全く同じ服装で本日エディンバラの某屋台飯系タベルナ バーレストランから出てきたところを目撃しましてん。(→自分、その店に入るところだった)びっくりしました。

今回鑑賞して今回が偶然なのか、前回が偶然だったのか?というのも、今回オレがみたのは、彼のパーフェクトに作られたフルセットを最高の環境でパーフェクトに観れたResetとは違い、お客さんのたった1度のHecklingによって破壊されたからなのです。

エイカスター君の怒りパワーが放つ(ハンターxハンターの)キルアみたいなコテンパンの攻撃に感動してしまいました。絶対邪魔されるのが大嫌いなタイプだろうなというのはみりゃ分かるんですが、邪魔されたときのコワさと攻撃力によって、一瞬にして即興ダークコメディへとスタイルを変えそのまま随分突っ走り(相当な時間)、同時にそのロストしてしまった時間とおりあいをつけ、再び元の航路を進み時間通りにフィニッシュしたんです。
こうやって書いてると、一流の芸人さんなら誰でもやってることだから、と思わずにいられないようなテクニックではあるのですが、エイカスター君の場合、もともとが1本の芝居みたいに、インタラクティブ制をもとから拒絶しているタイプのもので、何かをきっかけにギアが変わる羽目になった場合、あそこまで突っ走ってそのあとしっかり元の航路へ戻って来れる、というマルチな才能と実力に、さらに天才っぷりを見せつけられた感じです。結局オレ、褒めてるだけなんですが、Vulnerable でセンシティブであんまりフレキシビリティがなさそうで、じつはとんでもない。

というわけで、当分ファンだと思います。今日も見かけて、「天才!天才がいる」と(日本語で)小声で叫びました。








2017年8月18日金曜日

2017年8月のバスデン情報 BBC 2 Quacks スタート

そのお知らせは放送日当日昼に届きました。
(一応、サイトの存在は憶えているようです)



そう、われわれが首を長くして待っていた例のBBC2シリーズ「Quacks」です。19世紀のヴィクトリア朝の医療事情が舞台の医療コメディ。Rev書いてたJames Woods による脚本、主演がローリー・キニーアさん、マシュー・ベイントンさん、そして肩をほぼ並べてバスデンさん、という、「これはもしやオレ様にささげてくれてる番組?」ともまことしやかに噂されている(ウソ)番組です。



http://www.bbc.co.uk/programmes/p0596d3l

バスデンさんはどうもこのシリーズでは一切作家としては関わっていないようで、書き手から100%離れての制作へ関わることの楽しさや、仲良し友達マシュー・ベイントンとの関わりなどをインタビューで話しておりました。(ソースはこちら

現在放送自体は第1話が終了、ウエブ上ですと全話観れます。

オレ様自身はまだ1話しか観てないわ、バスデンさんのインタビューしか読んでないわ、で全然制作サイドの話が判っておらず、ですが、今のところは、「コメディ・ドラマ」ですね。そして、クロロフォルムの発見とそれをロイヤルファミリーに近い人に使って手術する、っていう下りが、どうにもJames Young Simpsonが元ネタなんじゃないの? と勝手に叫んでます。(まあJYSは産婦人科医メインですが)しかもJYSってキニーアさん扮するカリスマ外科医ににてるし!(逆か?)さんざん叫んでたら制作の方がファボってくれたということは🎯なの?! なんか言って! という気分です、はい。

バスデンさんは、歯医者さんキャラで借金とか抱えてて、それで実際にクロロフォルムを発見?した人物に扮してますが、コレってRobert Mortimer Gloverが元ネタってこと?なんか自分で人体実験重ねるうちにクロロフォルムやりすぎて死亡っていうオチも超納得できるやさぐれっぷりで、正直言ってめちゃくちゃかっこいいです。

マシュー・ベイントンは精神科(?)医。精神病院とかに通勤?したりしてる。
キニーアさんの奥さんとほにゃらら、みたいなこれもヴィクトリア朝っぽい愛の紆余曲折ですな。とはいえ全然シリアスロマンスではないので、はい。

というわけで、観てください。


2017年8月17日木曜日

Edinburgh Fringe 2017 意外と明るいポジティブトーンで逆にびっくりAlistair GreenさんのThe Nan Tape 観ました

内輪ウケといいますか、一部の芸人さんの間で好評を得ている方です。


https://tickets.edfringe.com/whats-on/alistair-green-the-nan-tapes

劇団あがりでもある気がする動きと喋り方をします。でも基本的にツイッターが超鬱ジョークの連続なので、その路線を期待して観に行きました。

意外とほのぼのコメディーだったのでびっくりしました。
先日なくなったおばあちゃんを偲ぶ55分で、ほんとにおばあちゃんを偲ぶ55分だっただけでした。
今までこの手の、大事な家族を失ったことがテーマ?の60分はマーク・トーマス氏やショーン・ヒューズ氏、そしてキム・ノーボーとかで衝撃を受けてきたので、このほんわか路線がほんとに意外でした。
子ども連れのご家族が何組がおりまして、問題なく55分を過ごされていました。

オレ、ステロイド強みたいな種類のコメディばっかり好んで観ては感動したと騒いでいるのですが、このアリスターさんのショーは、オレの紹介するタイプが「キツすぎて何が面白いかわからない」と思う90〜98%の日本の人々にわかってもらえる笑いなのではないかと思いました。はい。

2017年8月16日水曜日

Edinburgh Fringe 2017 "The Man from Uncle"になる以前にハマった人の期待を絶対に裏切らず、果敢にエロネタの芸術的境界線に挑戦するNick Helmせんせい Masterworks in Progress 観ました

今回も前回と同じPleasance のCabaret Bar。しかし!すっかりHipster 仕様に改装されてしまっており、正直味がないし、超がっかりな内装です。おばあちゃんにとってかなり苛々するハコとなってしまいました…


https://www.pleasance.co.uk/event/nick-helm-masterworks-progress-17#overview

んで、オレのニックさんへの惨事じゃなかった賛辞の数々は以下です。

http://www.gojohnnygogogo2.com/2015/08/edinburgh-fringe-2015-nick-helm.html

コメディではなく、ビジュアルの話ですが、暑苦しさはもはやまったくないですね。5年もたって、The Man from UncleでBBCのMake-up Artistさんに磨いてもらえば、渋かっこいいアラフォーです。(→アラフォーって死語でしょうか?)

パターンはもうすっかり確立されており、固定客にはお馴染みで、これだよね!と喜んで楽しめるモノ。多分今回も2年前に観たときと同じナンバーで、すごいサビを無理やりみんなで合唱させ、熱唱させ、延々繰り返させ、催眠術で全員殺したいのだろうかみたいなネタでオープニング。前半戦はこのUncleのせいで、もともとのニック・ヘルムさん知らない人の世間的イメージともともとのニックヘルムさんのパーソナがずれちゃってって話や、最近はすっかりホテル宿泊暮らしが多くてね…という話からの某チェーンホテル話。相変わらず予想外な客とのインタラクティブ展開の醍醐味をふんだんに盛り込んだ後、後半戦は、相変わらず究極のエロネタで特攻。このですね、「エロネタで芸術点をどこまで高められるか」というのが、ニックさんの毎回の野望と挑戦なのかしら、と最近では思ってます。そしてその芸術点の高さはハンパないです。彼は勝負に勝っている(笑)
けどね (汗)オレ、ゆうちゃんが18歳になってもニックさんの後半30分からのネタきかせらんねーわ(汗)。

そして特記したいのは、ニックさんのベストフレンド(笑 であり、いつもギターを担当してくれるDavid Trent のステージ上での存在価値の高さです。このネタの前後あり得ないほどの無表情なんですよ。ニックさんの語りはグランジ・スタイルなんですが(NirvanaのSmells Like Teen Spiritみたいな感じに考えてください)この間、眉毛一本動かさず、ZEN。
無の世界に1人で入ってるんです。ステージ上のビジュアル効果が彼のおかげでハンパないです。

というわけでチケット週末は売り切れちゃってるみたいだけど、フライヤーとか作ってないらしく、「フリンジだと深いテーマとかさ、やるもんでさ、自分が何やりたいかと考えた時、沢山罵倒して◯◯がXXした話(後半30分からのネタ)をしたかったってことに気づいた」という、Low Keyなものなので、チケット買えるんじゃないかと思います。ぜひ、Nick Helm 体験をここで!