イギリスを主とする海外コメディをガツガツご紹介するブログです。産地直送のイキのよいコメディ情報を独断と偏見でピックアップして(だいたい)絶賛します。***トホホな事情が発生して今まで書いていたGo Johnny Go Go Go を更新できなくなってしまいました(涙)今までの膨大な海外コメディ記事はhttp://komeddy.blog130.fc2.com/でございます。。。

2018年8月6日月曜日

Edinburgh Fringe 2018 忘れちゃったあの!ショーを回想するTone Zoneをお楽しみください。Tony Law: A Lost Showm観ました


1年ぶりのトニーさんを大変楽しみにしていたのとフリンジバージンの友達がしょっぱな週末に来ることになっていたので、まずは!と布教活動の犠牲になってもらいました。

https://tickets.edfringe.com/whats-on#q=%22Tony%20Law%3A%20A%20Lost%20Show%22


トニーさんのショーのすごいところは、①完全スクリプトなのに特にTone Zoneの初心者にはそのように見えないところ。②コワイのがアル中だった時も完全スクリプトだったこと。③今、アル中時とパワーとスタイルが全然変わらないところ。かと思います*。

そんなトニーさん、写真の通りよくわかんないんだけど白塗りしてて、「汗止め」って言ってガッツリバンダナしてて、指に合いの手的なベルつけてて、いちいちチーンって鳴らしながらパワフルに叫んで語って60分。トニーさんのキャリアを安定させたnonsense series、アル中だったから全く内容を憶えてないんですって。多分ネタ張とか残ってるんだろうけど、何をどうやってやってたか記憶に全くないんですって。んでプロップの一つだった宇宙服をきたくまのぬいぐるみちゃんが残念にお家に残っている。そのくまちゃんをどんなに眺めても全く!!思い出せない。。。でもものすごいツアーもショーも成功してたみたい!!!なんてところから、くまちゃんに当時の様子を回想させたり(→トニーさんが喋るわけじゃありません)アル中時の様子とシラフになった今の状況を話ながら展開していきました。今回は基本路線はパーソナルな軌跡だったので(比較的)、去年の四方八方飛ばしちゃうよなトニー節、より、追いやすく、トニーさんらしさは健在なので、これをきっかけにさらに!!ファンが増えて欲しいなーと思います。

*実際リハビリ終了直後くらいに「しっかりスクリプトを作らない」をテーマに実験的にやったものが一番トニーさんっぽくなく、パンチがなくて個人的になんだかなーだった。というわけで今回のも絶対にスクリプトなのです。

【備考】オレの友達のトニー布教活動は、友達がショーの後にDVDを購入するほど成功を収めたのですが、トニーさんは「DVDにサインするよ!名前なんていうの?」と友達の名前をきき、友達の名前だけ書いてDVDを差し出しました。
ところがこれを受けて、友達も「ありがとう」となんの違和感もなく受け取った上に、オレが説明するまでまったく気がつかないっていう被せ技をかましてくれましてん。。。。もしかしたらオレの世界自体にチューニングが必要なんじゃないかという気がちょっとだけしました。


0 件のコメント:

コメントを投稿