イギリスを主とする海外コメディをガツガツご紹介するブログです。産地直送のイキのよいコメディ情報を独断と偏見でピックアップして(だいたい)絶賛します。***トホホな事情が発生して今まで書いていたGo Johnny Go Go Go を更新できなくなってしまいました(涙)今までの膨大な海外コメディ記事はhttp://komeddy.blog130.fc2.com/でございます。。。

2018年8月6日月曜日

Edinburgh Fringe 2018 噂の(??)”神の息子”のインタビューレポートを語る60分 Chris Forbes: Prophecy観ました


はい、この人!

https://tickets.edfringe.com/whats-on/chris-forbes-prophecy

今年のオレさまチェックリストに入ってます
”備考:これはね、Scot Squadでもお馴染みで先日みたRichard Gadd さんのラジオ番組でSide Kick だった芸人さんでスクリプトも書く人みたいなんです。スコットランドの人だからフリンジで見なくてもいつでも見れるかなー?と思っちゃうと同時にフリンジの時しか安くないかなーとか。なるべくなら見たいです。”

。。。だったので、観ました。

。。。グラスゴーにはですね、有名なHomeless Jesusがおりまして。かなり幻な存在なのですが、でも確実に実在しております。さらには結構な人が目撃&知られています。
クリスさん、元々はこのHomeless Jesusを知らなかったそうなんですが、ある朝ポッドキャストの仕事のためエディンバラに行くためグラスゴーのNelson Mandela Place*を通り過ぎる際、ものすごい音痴で卵の形をしたマラカスをシャカシャカさせて「Wanderwall」(Oasisの)を歌う家のなさそうな人が。3回連続で会った時つい小銭を差し出したら「んなもんはいらない。なぜこんなことをする」「いや、すみません、ついお家のない人かと。。。」「家はないがんなことはどうでもいい。オレは神の子だ!」はああああ???

なぜか信憑性を感じたクリスさんはこの人を家に招き、インタビュー。その模様を1時間のショーにしています。結構厳しいスコットランド国教会信者のお家で育った結果生まれたキリスト教への疑心や疑問を持ちながら育っていた、その経験をベースに色々な質問を投げ、その男性からのものすごいぶっ飛んだ答えを再生し、宗教を超えた概念的なもの、そしてさらにはHomeless Jesusの教えを布教???みたいな落とし込みで展開していきます。

スコットランドらしいお話が聞けるかな、と思います。グラスゴーあるある、って感じですね。

*グラスゴー→エディンバラ間を50分弱で通う電車が通るQueen St. 駅のすぐそばで、Buchanan 通りというショッピングストリートのわきにある、社会的にもネタがてんこ盛りの面白い場所です。本題とずれるのでこのネタというのはこちらでは控えます。

0 件のコメント:

コメントを投稿