イギリスを主とする海外コメディをガツガツご紹介するブログです。産地直送のイキのよいコメディ情報を独断と偏見でピックアップして(だいたい)絶賛します。***トホホな事情が発生して今まで書いていたGo Johnny Go Go Go を更新できなくなってしまいました(涙)今までの膨大な海外コメディ記事はhttp://komeddy.blog130.fc2.com/でございます。。。

2015年8月9日日曜日

エディンバラ フリンジ Edinburgh Fringe 2015 UK音楽とUKライブコメディが好きな方は絶対におすすめしたい。Michael Legge さん観ました

マイケル・レッグさんです

チケットはこちら

【ワテクシとマイケルさん】
じつは、ファン歴が異常に浅いです。The Stand Comedy Clubが好きなので、The Stand Comedy Clubに登場するレギュラー芸人さんをチェックし始めるうちにマイケルさんを知りました。その後、Stewart LeeのAlternative Comedy Experience(Comedy Centralでやってました。S2で簡単に終ってしまいました…)やツイッターをフォローするうちに、マイケルさんのオンライン上での活動が異常に面白くて、マイケルさんがなんかしゃべるとファボかRTをしたくなる病にかかってます。Kate Bushのライブをガンガンライブツイートしたときの、狂ったレベルの面白さが、今も個人的に伝説です。
じつは一度、スコットランドの独立選挙時のツイートで心傷ついてしまった時期があったのですが、その後、亡きRik Mayallを讃えるべきはずのBritish Comedy Awardがリックのリの字もいわずに、スルーしちゃったときに、全世界のコメディファンから非難轟々だたのですが、この件についてマイケルさんが書いた記事が、全世界のコメディファンを救い、私も救われ、フォローを再開した、という経緯があります。

その他、ポッドキャストやライブなどで、いつも世間と地と違う企画のショーをやっており、ずーーーーっと怒ってるショーとか、アーサー・ダーヴィル読んできて、コメディやらせたりとか(汗)その引き出しの多さに、魅了されないコメディファンはいるだろうか? と思っております

【Tell it like it is, Steveについて】

正直にいって、コレは、自慢でもなんでもなく、オレのような、友達と過ごすより、1人で本を読んだり、音楽きいたり、映画やTVばっかりみてるうちに、一緒に何かする友達がいなくなっちゃって、何観たくても、だいたい1人でどこでも行く、みたいな人が楽しめます。Alternative Comedy Experience に登場する芸人さんですので、落ちをビジュアルでも言葉でも説明しないので、落ちがPappy'sとかJosie Longというコアっぷりについていけるかどうかがカギです。そういうことを知ってればめっちゃくちゃ面白い。それから、音楽に身も心も捧げる時代があれば、このショーほどドカンドカンと打ち上げ花火が来ることはなかなかないはずです。「生涯のヒーローに会いたく絶対にあってはいけない」というマイケルさんの強いメッセージは、マイケルさんの驚愕の「ここでコレを言うか?!」みたいなエピソードを一つ一つきくたびに、着実に信憑性のあるメッセージとなっていきます。
コレがマイケルさんを栄光のアウォードへ導くかいなかはもはや問題ではない(いや、本人には大問題のようですが!汗) 観客はマイケルさんを知るファンベースであり、マイケルさん節がきけて、マイケルさんがやってるショーが見れればいいんです。
それでビジネスとして成立する立ち位置は、まだまだこれからの芸人さんたちの憧れのポジションではないかと思います。



0 件のコメント:

コメントを投稿