イギリスを主とする海外コメディをガツガツご紹介するブログです。産地直送のイキのよいコメディ情報を独断と偏見でピックアップして(だいたい)絶賛します。***トホホな事情が発生して今まで書いていたGo Johnny Go Go Go を更新できなくなってしまいました(涙)今までの膨大な海外コメディ記事はhttp://komeddy.blog130.fc2.com/でございます。。。

2013年8月6日火曜日

Edinburgh Fringe 2013: お約束ですみません。Stewart Lee観ました☆Stewart Lee - Much A-Stew About Nothing

フリンジの前夜祭から数日はプレビューと称しての半額チケットや2-4-1チケットが大半をしめるのですが、料亭の料理人とか、行列のできるガンコラーメン職人とか、その手のタイプの芸人さんていうのは、「オレの味」をこびないので、世間とおかまないなく最初から最後までフルプライスです。んで客は、そうと知ると、そうか、と思って時間と日にちを自由に選んで観に行くわけです。しかも行列のできる人気店ですから、予約は●カ月前にしてないと入れません。
それがStewart Leeです。はい、そーです。



今更ですがリンクをはりつけまくります。
http://komeddy.blog130.fc2.com/blog-entry-238.html

http://komeddy.blog130.fc2.com/blog-entry-309.html

今回は(多分)BBCのComedy Vehicleのシリーズ3用のネタのためのwork in progressということだったんですが、、、work in progressかよ!っていうくらい出来上がったものになってました。今日話すことは前半が保守党についてで後半がUKIPについてと、あらかじめに提示。保守党(流れで)UKIPってことで完全に右の話です。
イアン・スターリング君が「芸人の鬼門である右派の笑いを…」なんっつって言って感心したワテクシですが、あらら(汗)、すでに、番長にお手つきされてました(汗)。イアン君、もうこの路線は諦めたほうがいいよ。。。(よく考えれば、火のないところにずかずか入ってゴロゴロ転がって、摩擦で火ぃ起こすみたいなの、番長の大好物でした!)

完全に「ちょっとカネ稼げるようになったから今は保守党派よ。応援する!税金払いたくないよ。だってオレのカネだもん。オレのカネはオレのもの。自由に使わせるわけにはいかない。だって一生懸命はたらいて稼いだお金だもの」と保守党っぷりを発揮。そして保守党をサポートするセレブ/有名人をあげていき、その人たちについてあーだこーだあることないこと(フィクションです)言いたい放題いうわけです。そのままUKIPの副リーダーが「ブルガリアのインテリがイギリスにきて職をうばっている。そんな賃金で知能の必要のない職につかずとも、どうかブルガリアに帰って、自分の能力にみあう仕事をして、ブルガリアの経済成長に貢献してください」といったことに対して、言うわ言うわ!(→ココから先はいいません)

もちろんこれらの話に平行して伏線があちこちで引かれています。Urine cake (よくトイレ排水口みたいなところに飾りついてるじゃないですか、アレです)とか動物が登場する物語は風刺の物語、とか、タクシーの運ちゃんが「イギリス人だっていうと逮捕されるよね」って言い出したこととか。これがですね、上手にみんな繋がるんですよ!そして今回ビックリなのがつながって、めちゃめちゃキレイに落としてたんです!!(ええ、番長、やればできるんですよ、ネタとして落とさなかっただけ!)自分が作ったトレンドを自ら断ち切る”サヨウナラ”にふさわしい、美しくキレイにまとまったオチづくりでした。
そんな番長のツアーは9月から全国ツアーを展開し、12月にがっつりロンドンで行われますので、ぜひキャッチしてみてください!


0 件のコメント:

コメントを投稿