イギリスを主とする海外コメディをガツガツご紹介するブログです。産地直送のイキのよいコメディ情報を独断と偏見でピックアップして(だいたい)絶賛します。***トホホな事情が発生して今まで書いていたGo Johnny Go Go Go を更新できなくなってしまいました(涙)今までの膨大な海外コメディ記事はhttp://komeddy.blog130.fc2.com/でございます。。。

2019年8月5日月曜日

Edinburgh Fringe 2019 Tony さんのTone Zone 再び Tony Law: Identifies 観ました

(English memo for people who stumbled on this blog.)
Whenever I see one of my most favourite comedians' show,  I always remember what my very good friend (who I dragged into his show) said to me, which is, "You laugh your head off during the show, but you don't remember anything after that".  My friend has been a fan of Tony Law, ever since, too. 
I love Tony Law's comedy because you cannot see anything like this. His "WiP" style (scripted or not) is a part of the package. It could be even the feature of the show. And the finale this time won't disappoint you just like his other shows. Love to go see it again. 




トニーさんの新ネタ60分。今回のショーのタイトルはIdentifiesなんだけど(爆)このタイトルにした(というか、なった?)経緯に笑い、Fuck the (infra) structureって金言だな、と感心するほどのTone Zoneで(笑 今回はちまちまBrexitがらみのスパイス入れながら愛犬ウルフィーくんとの世界の歴史トラベル話で盛り上がり、最後は爆笑号泣ものの弾き語りでシメ。最後音楽でシメルところはformat的に、最後フタして終わり!出来上がり!的な感じでどこをどうとってもトニーさんのコメディが楽しめます。トニーさん好きなら期待は裏切りません。
今回観てて、なんだろう、漫画で例えたらいわゆる「ヘタウマ」系巨匠と表現するのがいいのかと思いました。そしてフレキシビリティがあるからこそ、味があるし、いつ観にいっても新鮮。予定してた構成が崩れていることが構成、みたいな。あー楽しかったです!(また行きたい・・・お金があったら!)

0 件のコメント:

コメントを投稿