イギリスを主とする海外コメディをガツガツご紹介するブログです。産地直送のイキのよいコメディ情報を独断と偏見でピックアップして(だいたい)絶賛します。***トホホな事情が発生して今まで書いていたGo Johnny Go Go Go を更新できなくなってしまいました(涙)今までの膨大な海外コメディ記事はhttp://komeddy.blog130.fc2.com/でございます。。。

2019年8月5日月曜日

Edinburgh Fringe 2019 Marcel Lucont の No. Dix 観ました。

(English memo for those who visited this blog AND don't know who Marcel Lucont or what his show is like)

For the last few days I somehow had a few chances to talk to random strangers how brilliant this show was and they all somehow said I'm really good at it (and I hope they really went to the show) so I will write down what I said to them.
"It's a character comedy. Marcel Lucont is French but he's creation by a brit comic called Alexis Dubus. Been around for 10+ years or something. The show this year got particularly political but it's sharp and super funny as Marcel says whatever he wants from non-Brit perspectives, which in fact, said by a Brit. So if you are interested in this particular situation Britain is in, you will be having a great time. Lots of songs and music, and spoken words. The finale, I saw on the first night, was immense so god knows how better it will get as the fringe properly kicks off."


https://tickets.edfringe.com/whats-on/marcel-lucont-no-dix

自分の過去記事探ったらなんと2016年以来久々のMarcelでした。(去年も一昨年もスコットランドの別のフェスには来てたんだけど・・・)キャラだけでなく中の人も両方ツイッターでフォローしているせいか、Brexit問題はかなり怒ってるのが認識できていたので、そーじゃないかなーと思ったら、ポリティカル度がかなり上がってました。いい意味で。何しろ彼はフレンチなので、とても「Fascinating Time」にいると。マルセルによるこのご時世をどうやって楽しむかの指南書は、エスプリなのでおちょくることはあっても攻撃的ではなく、ジャズバンドの生演奏と、Spoken wordsでしっとりと攻めてました。最後の詩の朗読でクリスマスをテーマにしたSpoken Wordsが、聖なるものと下劣なものと人間との三位一体で、かつてのStewart Leeのトイレと神ネタをちょっと思い出しちゃいました。

ぜひ観てね。





0 件のコメント:

コメントを投稿