イギリスを主とする海外コメディをガツガツご紹介するブログです。産地直送のイキのよいコメディ情報を独断と偏見でピックアップして(だいたい)絶賛します。***トホホな事情が発生して今まで書いていたGo Johnny Go Go Go を更新できなくなってしまいました(涙)今までの膨大な海外コメディ記事はhttp://komeddy.blog130.fc2.com/でございます。。。

2016年8月11日木曜日

Edinburgh Fringe 2016 資本主義の陰謀に溺れるか戦うか。John Gordillo: Love Capitalism観ました




STAND COMEDY CLUB 2 です。6まである上に、St. Andrews Squareまでまで拡大しちゃったので、場所にはお気をつけください。

何か買ったり、サービスを受けたり、電車に乗ったり飛行機に乗ったり…。サービスを受けた後に、「今回のご体験を評価していただけますか?」って良くある話ですよね。何じゃこりゃ?という。「お客様は神様です」思考がスパイラルして、結果本来良いものをぶち壊しているじゃないか、と。そしてそれは全てカネ儲け動力によって動かされてるじゃねーか、と。例えば、Trip Advisor. アレで「グランドキャニオン」の体験評価って何よ、と。何億年という歴史がもたらした大自然の芸術に、星という名の文句つけるって、意味わからんでしょ、と。

資本主義の危機を通り越して、資本主義終わってるよ、やばいよ、もういい加減みんなどうするつもりなんだよ、って話です。そのやるせなさと無限大の怒りをメタフォーにして締めたラストを含め、ゲラゲラ笑いながらも、すごくインスパイアされました。(John Gordilloさんはかなりポリティカルなので、よく「あー啓蒙された」って気分になります。

後半戦は、特に自分は啓蒙されました。いつもだけど、大変感動してふむふむとうなずきます。絶対オススメですが、16歳以上のお子様にしてください。結構例えがエログロな展開にもなっていきます。













0 件のコメント:

コメントを投稿