イギリスを主とする海外コメディをガツガツご紹介するブログです。産地直送のイキのよいコメディ情報を独断と偏見でピックアップして(だいたい)絶賛します。***トホホな事情が発生して今まで書いていたGo Johnny Go Go Go を更新できなくなってしまいました(涙)今までの膨大な海外コメディ記事はhttp://komeddy.blog130.fc2.com/でございます。。。

2016年8月20日土曜日

Edinburgh Fringe 2016 今年のAmused Moose Finalist 入りJohn RobertsonさんのArena Spctacular観ました

なぜ見たのかと言いますと…



https://tickets.edfringe.com/whats-on/john-robertson-arena-spectacular

毎年ブレンドン師匠のショーに頻繁に通いつめるのは、オレだけじゃなくてですね。似たようなことをやっている師匠のファンの一人に過ぎないのですよ。そんでね、その人たちって似たようなテイストの笑いが好きだから、似たようなショーにはびこるんですね。(もしかしてこれは最近の現象かもとも思うのですが)
そんなわけで、オレは今から一週間ほど前John Gordilloさんを見るために
Stand Comedyで列を作って待っていた時に、John さんの前のショーを見終わって出てきたお客さんから「この間Brendon Burns見に来てたでしょ? Brendon Burns好きだったら今(私たちが見てきた)John Robertson絶対に好きだから」って声かけられましてん。

っていうことが、他の場所で待ってる時にも何度か起きまして。

ええ?そうなの?じゃあみとく?

と思いました。

思ってチケット買ったその直後に
Amused Mooseのファイナリストになったと発表になって
なんつってもこの6-7年、ここで栄冠に輝いている人たちの中に、栄冠に輝く前から好きな人が多いので、おっかなコワゴワ行ってまいりました。特に別件でちょっと屁っピリ腰になっていたので、(とにかくなんか怖そうだったの)後ろのはひっこに座りまひた。


[一言で言うなら、オレが好きな芸人さんの魅力がマッシュアップされてる感じだった。]

①オーディエンスとの強引すぎるインタラクション(でもオーディエンスを困らせることはしない)
②最後までショーが始まらない
③ネタなのかimprovなのかわからない!!!
④最近のコメディとコメディをめぐるビジネスについての痛烈な批判
⑤実名は出さずにどの芸人さんをネタにしているのか分からせる技術もち
⑥てか実際ものまねうまい
⑦自分はスタジアム級のメガスターという極めて途方もない空想をステージに構築しようとしている。

John Robertsonさんは、上記にかなりサドマゾ系の話を入れてくるので、すいません、そっち方向の趣味もってないから、例えばSex Dungeonとか言われてもはじめ何だかよくわかんなくて、みんなと同じペースで笑いについていけなかったのが、悔やまれます(しかしオチはついていけたと思う)

んでセックス・ダンジョンを今ググったらエディンバラに有名なところがあるのね?!
http://maisondedebauch.com/

(…これで、またエロサイト系流れのクリック数が増えるんだろうなぁ。→バスデンさんのショーを盗撮してくださいってお願いした記事が盗撮っていう言葉のせいで、4桁アクセス超えてるのです。みんな盗撮ネタ探して妖精の着ぐるみ着たバスデン画像を見させられてるのかと思うといいことをしているような気もするし悪いことをしているような気もする・・・)

ちなみに、ステージ降りたら、ものすごいいい人そうでした。でもショーの時は、いちばん届きにくそうな場所に座っていてよかったなと思いました。

0 件のコメント:

コメントを投稿