イギリスを主とする海外コメディをガツガツご紹介するブログです。産地直送のイキのよいコメディ情報を独断と偏見でピックアップして(だいたい)絶賛します。***トホホな事情が発生して今まで書いていたGo Johnny Go Go Go を更新できなくなってしまいました(涙)今までの膨大な海外コメディ記事はhttp://komeddy.blog130.fc2.com/でございます。。。

2017年8月17日木曜日

Edinburgh Fringe 2017 意外と明るいポジティブトーンで逆にびっくりAlistair GreenさんのThe Nan Tape 観ました

内輪ウケといいますか、一部の芸人さんの間で好評を得ている方です。


https://tickets.edfringe.com/whats-on/alistair-green-the-nan-tapes

劇団あがりでもある気がする動きと喋り方をします。でも基本的にツイッターが超鬱ジョークの連続なので、その路線を期待して観に行きました。

意外とほのぼのコメディーだったのでびっくりしました。
先日なくなったおばあちゃんを偲ぶ55分で、ほんとにおばあちゃんを偲ぶ55分だっただけでした。
今までこの手の、大事な家族を失ったことがテーマ?の60分はマーク・トーマス氏やショーン・ヒューズ氏、そしてキム・ノーボーとかで衝撃を受けてきたので、このほんわか路線がほんとに意外でした。
子ども連れのご家族が何組がおりまして、問題なく55分を過ごされていました。

オレ、ステロイド強みたいな種類のコメディばっかり好んで観ては感動したと騒いでいるのですが、このアリスターさんのショーは、オレの紹介するタイプが「キツすぎて何が面白いかわからない」と思う90〜98%の日本の人々にわかってもらえる笑いなのではないかと思いました。はい。

0 件のコメント:

コメントを投稿