イギリスを主とする海外コメディをガツガツご紹介するブログです。産地直送のイキのよいコメディ情報を独断と偏見でピックアップして(だいたい)絶賛します。***トホホな事情が発生して今まで書いていたGo Johnny Go Go Go を更新できなくなってしまいました(涙)今までの膨大な海外コメディ記事はhttp://komeddy.blog130.fc2.com/でございます。。。

2017年8月7日月曜日

Edinburgh Fringe 2017 新たなる不思議ワンダーランド・ナンセンスの刺客をご紹介Olaf Falafel Presents: The Marmosets of My Mind 観ましたよ


同行者のチェックリストに入っており観ましたところ、思わぬ大当たりだったので感想を書きます。


https://tickets.edfringe.com/whats-on/olaf-falafel-presents-the-marmosets-of-my-mind

いったいどんな思考回路と人生を送るとそんなアホ(→褒めてます)なことを考えてそのまま引っ張り続けてネタを展開できるのか、と一度聴いてみたくなるくらいの突拍子もないところからタマを飛ばす方です。

英語ネイティブとしか思えない流暢さなのですが、超かすかに北欧のアクセントが残っており、キャラクター設定でなければ、「北欧で8番目に人気の」というキャッチフレーズも納得です。

昨年からフリーフリンジデビューっぽいのですが正直英語だけではデータ不足。一点言えることは、オラフさんの描く絵がかわいいと飛び越えていて、同行者の情報によるとTwitterで展開していたら天下のHarper Collinsに見初められてこの1年で絵本まで出版してしまったらしい

絵がこんなにかわいい


60分ショーレースを意識しながらの、という設定(ネタ)で、キチキチ構成立てておるのですが、ネタ自体が「はああ?!」の連続。お客さん参加コーナーも含まれるのですが、お客さん次第で仕込みっぽい雰囲気も出ちゃうので、オレが観た回だけでは仕込みかホントかわからないな。 とはいえ40分のところで出てきたネタがツボにあまりにハマりすぎて、涙がボロボロ止まらなくなってしまったことだけはお伝えします。いきなり賞レースの本命馬を観ちゃったかもしれないです。

しいていえば、Alex HorneとMr. Tony Lawを足して2で割って、トニーさんよりなんだけど理性(?)は基盤にカッコとある、みたいな。意味わかるでしょうか?(汗)すいません。とにかくアタリ🎯 です。








0 件のコメント:

コメントを投稿