イギリスを主とする海外コメディをガツガツご紹介するブログです。産地直送のイキのよいコメディ情報を独断と偏見でピックアップして(だいたい)絶賛します。***トホホな事情が発生して今まで書いていたGo Johnny Go Go Go を更新できなくなってしまいました(涙)今までの膨大な海外コメディ記事はhttp://komeddy.blog130.fc2.com/でございます。。。

2013年10月2日水曜日

ノエルのブログをもとにブラックネルとバークシャーとノエルの野望について考察してみる☆on "The Wrong Mans" essential sidekick, Noel Ward


コメディ部的には、もはや本編がおまけで、このブログがメインディッシュになっております。
 The Noel Truth 

本編を見ないと、スポイラーになってしまうのは、ビデオだけです。それ以外は、ツイートも含め、何の問題もありません。むしろ、これからどんどん出る幕がなくなってきそうな展開の(まだ2話目なのに!汗)本編でのオフィスシーンにおいて、エッジな笑いをすべて救い上げるための、重要な素材ブログだと思っていただければ! そう、このThe Wrong Mansの本編の展開は非常にメジャーなのです! このメジャー感にエッジ感を出しているのがノエルの繰り広げる世界だと、信じて疑いません。
どれも好きなのですが、きのう月曜日にいきなりアップされたStar Wars and Town Planningが、響きすぎてトラウマになりそうだったので、おすすめします。【以下超かいつまんでの要約。原文のほうがすごいことになってるので、絶対に原文で読んでください】→こどもの視線ではなく、バークシャーのタウンプラニングプロジェクトをまかされている大人の視線であらためてStar Warsを観たというノエルは、「Death Starって、結構タウンプラニングのモデルとして使えない?」と思いつくわけです。それで、実際に絵を描いちゃうわけですよ。
http://thenoeltruth.files.wordpress.com/2013/09/death_star_schematic.jpg

これが…。実際に上のリンクをふんで、大きい画像でみていただくとわかっていただけると思うんですが、3本くらいの太さの違うペンで、陰影までつけて、細いペンでしたがきみたいんのまでして、作成してるんですよ!でもブランコとか木とか、地図でみるような略図レベルなの!
さらに!これ、ホンモノのDeath Starの都市計画を基盤にしてるんですよ! 見てコレ!この右下の都市拡大エリアの部分!




http://starwars.wikia.com/wiki/File:DeathStarIDiagram-EGVV.jpg

この二つの画像を並べて見てると、次の週までトラウマですよ、マジで。

さて、こんなDeath Starな街にされかねない危機に瀕しているBerkshireのBracknellは、ウィキさん情報によると  a town and civil parish in the Borough of Bracknell Forest in Berkshire, England. It lies 11 miles (18 km) to the southeast of Reading, 10 miles (16 km) southwest of Windsor and 30 miles (48 km) west of central London. http://en.wikipedia.org/wiki/Bracknell だそうです。ブログでさんざん訴えられているとおり、Regeneration プロジェクトが進行中なのですが、却下につぐ却下、延期につぐ延期らしく、なかなか進んでおらないそうですね。マジな話らしいですね。(これ、地元の人、めちゃくちゃ有利だな)オンエア中に偵察に行きたいくらいですよ、ヒマさえあれば…くそう。ヒマ(&お金)さえ…

0 件のコメント:

コメントを投稿