イギリスを主とする海外コメディをガツガツご紹介するブログです。産地直送のイキのよいコメディ情報を独断と偏見でピックアップして(だいたい)絶賛します。***トホホな事情が発生して今まで書いていたGo Johnny Go Go Go を更新できなくなってしまいました(涙)今までの膨大な海外コメディ記事はhttp://komeddy.blog130.fc2.com/でございます。。。

2020年2月14日金曜日

HBOの新作コメディAvenue 5が素晴らしすぎる件(記事後半第1話完全ネタバレしてます)


イアヌーチ先生とその仲間たちというのは、ものすごい大まかですが、例えばクーガン・ギーク*でThe Thick of Itギーク**の脳みそ育成の65%くらいに関わっているんじゃないかと推測します。この層ってモンティ・パイソン、ブラックアダー系列ですからね。全世界の英語コメディファンの半分くらいの脳みその65%くらいを仕切ってるますよね。それって神ですよね。

なので「Avenue 5」(HBO)はその神様たちの作った新作コメディということでよろしいでしょうか。よろしいと思います。
我らファンがご馳走とするイアヌーチ・テイストが全細胞を駆け抜ける、今までの全ての傑作たちと互角に並ぶ傑作シリーズと言っても過言ではありません。まだ1シーズン終わってないけど最低2回はリピート再生してるもん(笑 きっとスーパー面白いものしか作れないんですよこの方々。本日2月12日、早々にシーズン2の制作も決定!嬉しい限りです。

日本でもトレーラーが見れるのかわからないけど貼り付けます




【設定と出演者】

Avenue5は 宇宙旅行が可能になった近未来、宇宙船「アヴェニュー5」で宇宙を旅する船上、そして地球上からモニタリングする管制塔の2箇所で進行していくコメディドラマです。(シットコムではないです)

経験豊かなキャプテンとクルーたちにより安全と快適が保証される宇宙船アヴェニュー5、実はバレたら大変な秘密をたんまり隠して宇宙観光旅行を催行しておりました。そんななか、ある事故をきっかけに、その美しく完璧な仮面がパキパキと壊れていき・・・お客さんたちにバレずどこまで逃げ切れるか・・・というハラハラドキドキ抱腹絶倒が畳み掛けて襲いかかります。

トレーラーの通り、コメディ的角度から見た出演者が錚々たるメンバーです。
Hughe Laurie, Rebecca Front(→古株ファミリー)Daisy May Cooper (→This Countryの )
Josh Gad, Zach Woods, Suzy Nakamura(→米国勢 すみません。オレはアメリカのコメディ界に大変疎いのでこれ以上がよくわかってなくてすみません)

常に新しい才能を引っこ抜いて仲間にしてきたイアヌーチファミリーらしく今回の抜擢目玉キャストといえばDaisy May Cooperではないでしょうか。エピソードが進むに連れてどんどん出番が増えくるのもツボです。



(以下から、第1話のネタバレ! 知りたくない人は気をつけてください)



----------------------------------------------------------------

【第一話】
細かい技術的なことわかんないけど宇宙旅行産業でお金稼いじゃお❤️みたいな(どこぞの誰かみたいな)実業家ハーマン(ジョッシュ・ガッド あ、アメリカ発音ギャッドなの?)が所有するラグジャリー宇宙船アヴェニュー5は今日も宇宙を優雅に航宙中です。キャプテンはアヴェニュー3で起きた火災事故から乗員たちを救った経験を持つキャプテンと同じライアン・ジャック(→ヒュー・ローリー)。自信に満ちた笑みで乗員一人一人に対応し、皆も「彼がいるから何があっても大丈夫!」くらい信頼を置いております。
 船上はヨガとかカウンセリングとかレジャー関係のプログラムや食生活もゴージャスで充実。だからと言ってわがままや不平不満が出ないわけがありません。特に口うるさいキャラン(レベッカ・フロント)は要注意・・・なんですが、カスタマーサービス担当のザックは(シリコンバレー感ダダ漏れの)適役とも言える性格で見事お客様対応をかわしまくります。

そんなある日、乗客を集めて地球の管制塔と交信するというイベント中、テクニカル上の不具合が原因で事故が発生。機体の重力がバランスを崩し、エンジニアが死亡、乗客からも怪我人が多く出てしまいます。それだけではない、この結果、宇宙船は元々の軌道コースから大きく外れてしまい、5週間の旅だったはずが、3年コースに!!
この現場はもちろん衛星生中継。お客さんにもバレちゃってマジかよ状態たけなわに。この緊急事態をなんとかしようともう一人のエンジニア、ビリー(レノーラ・クリッチロー)、ハーマン、そして副オーナーのアイリス(スージー・ナカムラ)は「あの!火災事故をくぐり抜けたライアンならなんとかできる!」と信じきり、彼の指示を仰ぐのですが、実はライアンはみんなのイメージする「キャプテン」役として雇われた超!どシロウトだったのです。(イメージとしてはディズニーランドのアトラクションで先導する船のキャプテン、みたいな感じ)おまけにライアンが冷静を失った時に発した言葉で、本当はイングランド人だったのもバレてしまいます。そう、SF映画やTVシリーズで見慣れている安心のイメージを与えるために、アメリカ人のふりしてたのでした。(→ここはヒュー・ローリーファンにとってはめちゃくちゃツボネタ!個人的にはこのシーン3回繰り返して見ちゃいましたね。涙流して笑えます)そんなわけで、当然アヴェニュー3での活躍は自分の功労ではなく消防隊のおかげで、ライアン自身は何一つしていなかったのです・・・
 
 事実上舵をとる人物がゼロの中、地球へ帰れるまで1000日以上。どうするアヴェニュー5。窓から見える景色からは無情にもお亡くなりになったエンジニアさんが重力と軌道の関係で遠ざかってしまう事なく宇宙船の周りをぐーるぐると回っています・・・



*The Trip to Spain見てないけど(汗)1も2もあれだけ騒ぎ倒しておいてSpainをすっ飛ばすのもどうかと思うのでいづれ見ます

**騒いでいた断片にご興味のある方はこちらをどうぞ…
http://komeddy.blog130.fc2.com/blog-category-35.html

0 件のコメント:

コメントを投稿