イギリスを主とする海外コメディをガツガツご紹介するブログです。産地直送のイキのよいコメディ情報を独断と偏見でピックアップして(だいたい)絶賛します。***トホホな事情が発生して今まで書いていたGo Johnny Go Go Go を更新できなくなってしまいました(涙)今までの膨大な海外コメディ記事はhttp://komeddy.blog130.fc2.com/でございます。。。

2017年11月23日木曜日

2017年UKコメディおすすめポッドキャスト&オンラインで聴くコメディ選


お久しぶりです。稲村です。
10月前半に7年使用したMacBookちゃんが瀕死の状態になりまして、総額250£くらいつぎ込んだんですが、結局お亡くなりに!!(号泣)パスワードとログイン情報がとっちらかっている散々な管理状況のため、新しい相方を購入後も今の今までブログアクセスができずにおりました。そんな中で、死んでもヒーローのSean Hughesが10月16日この世を去り、Rik Mayall氏に続き自分の半分くらい死にました。

そんな中迎えた11月、ブログ更新をしたいと思います!(もう終わりかかってるけど…)

表題をテーマにしたのはものすごいゲンキンな理由からです。今個人的に一番面白いと思っているThe Tony Law Tapes (注:下記にて紹介)の続きが待ちきれず、いつ新エピソードがきけるのかトニーさんたちに聴いたところ、パワフルにお返事もらった上に「口コミしてねー!口コミ!」って言われちゃったんで、やるぞー!と。よく考えたら最近面白いもの結構聴いてるのに、全然メモ更新もしていないので、ちょうどいい機会だなと思いました。というわけで以下、おすすめです。Brendon Burns師匠(マシンガンのように更新するポッドキャストはこちら)(もう秋も終わるけどまだサマーセール中の過去ショー音源はこちらや、Richard Herring、Stuart GoldsmithのComedian's Comedian(Com Com Pod)など定番人気ですでに別の形で騒いでいるチャットショーは抜かします。

① THE TONY LAW TAPES

http://www.tonylawtapes.co.uk/
ご存知のように、オレのトニー愛は確かにデカイのですが、その愛を差っ引いて冷静に聴いたとしても素晴らしいと思います。トニーさんは地球の歴史を作ってきたタイムトラベラーである、という話はしつこいほどしていますが、そのタイムトラベラー体験記をインタビュー形式で記録を取っていく…というのがこのThe Tony Law Tapesです。インタビュアーはJohn-Luke Robertsです。第1話からお題見てるだけでも、やばさ加減が滲み出ています。例えばですが、ローマ帝国とトロイの木馬の話とか、スターリンとテニスの話とか、公共の場で聴けないですよ。抱腹絶倒号泣です。
この手の即興超絶ナンセンスという笑いのスタイルは日本のお笑い好きな人たちは親しみありなんじゃないかと思うんですが、いかがでしょ? 

②Michael Leggeさんが自身のblogを読み聞かせするオーディオblog
https://soundcloud.com/michaellegge
blogはこっちなんですけど、音ご希望の方のために読んでくれてるんですよ。
やっぱり話のベテランプロだから音の方がすごく伝わる!例えば英国では10月に公開になったThe Party(キリアン・マーフィとかティモシー・スパールとかエミリーモーティマーとか豪華キャストの寸劇みたいな映画です。あ、サリー・ポッターの作品です!映画自体面白かったですよ。短くてよかった(笑))の’レビュー’とか。
映画の内容に一切触れないで全く別のことを語って(語りも映画に合わせてポッシュというかスノッブスタイルにして)斬ってました。
https://soundcloud.com/michaellegge/bftb-movie-review-the-party

Michael Legge さんもどうしてこんなにunderrated何だろうと嘆かずにはいられないほどものっすごい才能に満ち溢れためっちゃくちゃかっこいい芸人さんです。あとどんなにクダ巻いても、貶しても、その対象へ愛がこもっているからゆえの苦言なので、ものすごい共感できるしものすごい笑えます。オレ、こんな状況になってもローゼズ信仰者ですけど、マイケルさんのこのAll For Oneのレビュー、多分ローゼズのレビューで一番好きです。


③ ロックンロールだった時代のSean Hughesの音源がSpotifyで聴けます。
Sean Hughesは、オレの中におけるイギリス笑いツボ構成の基盤を作ってくれた聖書みたいなもので、Sean Hughesがなければこんなオタクにならなかったです。1番吸収力のでかかった学生時代にのめり込んだツアーの音源のいくつかがSpotifyにあります。このSean's Tapeは自分の脳の一部分かもしれない。


上を貼り付けるのに今一度のぞいたら、Stewart Leeとか傑作がぞろぞろ上がってるんですね。音楽ばっかり聴いていたけど、Spotifyすごい。。。

④ 2017年夏に騒いだオイラの若手超ダントツイチオシのFin Taylorさんの2016年のショーで、壮絶すぎて感想を書けなかったWhitey MacWhiteface視聴可能
(ぜひともお金を払って全編DLしていただければ!!!!)


Fin Taylorさんthe Stand Comedy clubの自己紹介にpolitical homelessって書いてあって超ウケました(爆)とにかくステージでの腹の座りっぷりと覚悟っぷりと勢いが半端ないので、近寄りがたいというかコワイ印象なのですが、気にせず質問するとめっちゃフレンドリーです。でもやっぱり「Fin君」は無理。27歳なのに。絶対「Fin君」じゃない。「さん」です。

バスデンさん、FUBAR RadioでDan Clarkさんショーにゲスト出演、Quacksの宣伝してました。

実は今この存在を思い出しました。(夏だったので全く聴く時間がなかったので聴いてないのです)聴いてみていつもみたいにツッコミどころ満載だったら別エントリー立てるかもしれません。(あ、ちなみにDan Clarkさんは今まで結構クオリティの高いコンテンツを生産している人です)

⑥ フランキー・ボイルせんせいのプロメテウスが実はオーディオで視聴可能です。




聴いていただくと、オレが今年の感想でなにをそんなにコワイ言ってたのか具体的にわかっていただけるんではないかと。

その他ですが、 新旧含めて、British Comedy Guideは定期的にチェックしがいがあります。
https://www.comedy.co.uk/podcasts/

⑦ Tom Rosenthal 君のComedy Central UK オンラインシリーズ「Absolutely Fine」がおしなべ花マルです
数年前にトム君は監督や書き手の方が才能あるんじゃないか、と叫んでいたのですが、それが証明されたようなシリーズを展開してます。もしS1発表時にブログで書いていたらすみません。今年秋にS2が公開され、S1同様のクオリティをキープし、「かわい子ちゃんやればできるじゃないの!」とすでに30もすぎたであろう俳優・芸人さんを愛でています。(できると愛でる)
British Comedy Guideのサイトで全話まとめてみれるようになっていますが、紹介として1話だけ貼り付けます。


(このUberのドライバーさんDavid Trent氏ね 笑)

とりあえず今思い浮かんだものは以上です。思い出したら追加してるかもしれません。


0 件のコメント:

コメントを投稿