イギリスを主とする海外コメディをガツガツご紹介するブログです。産地直送のイキのよいコメディ情報を独断と偏見でピックアップして(だいたい)絶賛します。***トホホな事情が発生して今まで書いていたGo Johnny Go Go Go を更新できなくなってしまいました(涙)今までの膨大な海外コメディ記事はhttp://komeddy.blog130.fc2.com/でございます。。。

2015年9月25日金曜日

【追記あり】数ヶ月前にアップされていたバスデンさんの短編朗読とインタビューから覗ける、素のバスデンさんがキャラのバスデンさんを超えてバスデンさんらしい件ついて

忙しいときだと、騒いどいて、じつは視聴しとらんかった…ということがたまにあります。一生懸命いち早く、と頑張っても、注目度が底辺スレスレなのが、わかるので、マイペースになっています。おまけに視聴しといて感想もかかない、なんてことが
いち早くお伝えしなければと頑張るのが、今や年に一度のエディンバラ・フェスティバル・フリンジのみとなってしまいました。

そんなわけで、このバスデンさんが短編集「HOT MOON」からの一編(→小説にしたいらしい。インディー本ではなくメジャー出版社から出版したいらしい。自分は大衆作家ではなくアーティストだと思ってるからマーケティングとか気にしたくない。でもちゃんとした出版社(メジャー)を大募集しているらしい。)を朗読しているMP3ファイルの存在を知っていながら、すっかり忘れてしまってました。そして、この秋(オレ的に)超待望のリアム君が書いちゃう作品が待ちきれない、とジリジリしていたときに、そういえば、あったな!と思い出したわけです。


【驚愕のバスデン・ワールド・フィーバー超え】
今までこの人ってこういうキャラを作っている人だと思っていたのですが、そして、確かに最初の部分はキャラかしら、といつも通りにきいていたのですが、7分目辺りくらいから、もしかしてコレは素?もしかして、キャラだと思っていたキャラのほうがむしろ社会的順応性高いんじゃねーか?と不安に…(汗)
このポッドキャストがもしも、もしも!!!「素」バスデンだったら…や、やばすぎます…

とにかくレッツ・きいてみましょう。


1)延々とかき溜めているこの小説ですがその構成および進行がアットランダムすぎ。第475章を書いたかと思ったら第75章を書くとか(*)。ちなみにこのポッドキャストでは第214章を披露…(汗)溜めすぎだろう。溜めすぎだって!!! 
2)何だかよくわからないまま参加している。(せめて録音始める前に確認しようよ 汗)
3)句読点なしにぼそぼそフォーエバー喋ってる。
4)兄さんは某出版社につとめてて、その出版社の名前はいえないけど、ロンリープラネットしか主に出版しないからってそれロンリープラネットだから
5)そんな兄さんからアドバイスをもらったけど、ロンリープラネットしか出版しないところの人のアドバイスはどこまで役に立つかだし、それに売れる作品にするには、って自分はアーティストだから、売れるとか売れないとかいったことは関係ねーし、みたいな。
6)そのくせ、表紙はLee Childみたいんので、その手合いの読者層が間違って買っちゃってくれたら売れるしいいよね、みたいな。
7)図書館に寄贈したくねーし。借りられるとその分本売れねーし、みたいな。
8)ちゃんとした出版したいし。オーディオブックで終んのやだし。
9)拷問テーマで拷問って近年の旬ネタだから(→グアンタナモとか)この部分結構出版にこぎ着けられる引き要素じゃね? (→って…なんなのこの、さらーっっと無邪気すぎる驚愕の崖っぷちネタは!こっちが冷や汗!!!)
10)もう聞き手がサジなげちゃって、放っといちゃってますよねこれ?(汗)
11)さじ投げられてるのに、ぼそぼそアンストッパボー(自分の興味のあることだとしゃべりまくる)
12)やっぱりね、何がバスデンワールドって、この小説のメインキャラ設定が「ジェームズボンド」的スーパーヒーローなんだけど「オフィスのマーティン・フリーマン」て表現するところなんですよ。「オフィスのティム」じゃないの!! 「オフィスのマーティン・フリーマン」なの!! ネタなの?バスデンさん、コレはネタなんですか?!
13) すみません。このRoald Dahl の発音を(アメリカ人と)確認するのって、素というか天然にしか思えないんです…。コレ、素ですよね?!何回きいても涙流して笑える…
14)てかそもそも、このポッドキャスト、インディ出版者のFive Dials(米)のポッドキャストっすよね。バスデンさん、パブリッシャーさんと話してんのです。そこで「出版社大募集=その辺のインディーじゃなくて、ちゃんとした出版社で出してかね稼ぎたい」って…(汗)

この本、1冊(シリーズだろうな、この約500章とかありそうな分量をきいてると…)にいっこくもはやく本当になって欲しいです。なぜこのバスデンワールドがメジャー出版に値しないのかオレには皆目わからないです。

やっぱり最高だな、バスデンさん。ホントに最高だと思います。このポッドキャストで生涯ファンのリストに入れます。

*じつは!過去にも結構発表していますhttps://www.mixcloud.com/CriterionTheatre/stories-before-bedtime-april-fools/ 
でアンドリュー・スコットさんとピピン(ホビットの)さんとの朗読の合間に発表してたりします。しつこいようですが、さりげなさすぎる天才なんです

【追記】天然なの?とつぶやいたツイート、上手に聞き手のヘイミッシュさんが見つけてくれて、教えてもらいました。この答えをきいたオレは、はっきりいってバスデンさんの完璧過ぎる完璧主義に、さらにバスデン愛が…深まりました。

0 件のコメント:

コメントを投稿