イギリスを主とする海外コメディをガツガツご紹介するブログです。産地直送のイキのよいコメディ情報を独断と偏見でピックアップして(だいたい)絶賛します。***トホホな事情が発生して今まで書いていたGo Johnny Go Go Go を更新できなくなってしまいました(涙)今までの膨大な海外コメディ記事はhttp://komeddy.blog130.fc2.com/でございます。。。

2013年12月4日水曜日

毎年恒例!BRITISH COMEDY AWARDS 英コメディ・アワードのノミネート発表になりました!

2011年のレポートはこちら
2012年のおざなりなレポートはこちら

相変わらず、某英コメディサイト主催のアワードにくらべ、いつもと同じ顔ぶれ感満載のBritish Comedy Awardsの2013年のノミネートが発表になりました。
以下Chortle.co.ukより

☆Best Comedy Panel Show

8 Out Of 10 Cats Does Countdown
A League of Their Own
Have I Got News For You
Would I Lie To You
【備考】どれもおなじみの顔ぶれなので、なんでもいいんじゃないの? なんでしょうが、特記事項としては、A League of Their Own他、近年のバラエティ番組でのジャック・ホワイトホール君の躍進ぶりは評価したいところです。(時も経てば芸人も上達し、芸人が上達すればオタクの見る目は変わるわけです、はい)おりしも昨日初期の頃のALoTO再放送回を見たのですが、そのときのホワイトホール君と今のホワイトホール君では雲泥の差だと再確認しました。つまり、”英芸人に身体張って笑いとるなんて、慣れないことやらせても面白くならないわよね”というレベルだった番組を、「うわ、またホワイトホール君なんかやっちゃうぜ!」っていう視聴者の期待にこたえるリアクション芸を展開する番組に、しかもちゃんとイギリスちっくにしているわけですわ。12歳以下の子どもにはふさわしくないハレンチジョークも飛び交いますが、それを抜かせば家族で楽しめるパネルショーになったと思います。

☆Best Comedy Entertainment Programme

Alan Carr Chatty Man
Saturday Night Takeaway
The Graham Norton Show
The Last Leg
【備考】今年のアワードにて、マンネリ感を払拭する素材(?)がAdam Hillsでして、The Last Legが、その彼とJosh Widdicombe君(8 Out Of 10 Catsとかにも出てます)とジャーナリスト(のはず。芸人ではないはず)のAlex Brookerさんの3ピースでおくる時事風刺番組です。1週間の間にあったことについておちょくるというかなりユルユルなフォーマットなので、芸人さんたちの話術と準備に面白さの責任がかかってきているなと思います。しょっぱなからすでにエッジギリギリなトピック(王室とか身体障害者ネタ)で笑いをとり、そのスタンスをみせつけるというかなりレベルの高いことをしてらっしゃいました。今年にきて何故突然芸歴のとっても長いAdam Hillsに注目がいったのか??ですが、(ちなみに彼はオージーです)ノミネートは正当なジャッジだと思います。

☆Best Sketch Show
Harry & Paul ( Paul Whitehouseについて書いたときの記事があります)
Horrible Histories(2ヶ月前まで騒ぐだけ騒ぎまくった上3話以降からぱったり沈黙したThe Wrong Mansのマシュー・ベイントンとかが出てるCBBCの大ヒット番組ですね。ちなみにうちの娘の小学校では、歴史の時間にコレを有効利用しています。。。マジです。。)
It's Kevin (Kevin Eldon についてはこちら)
Psychobitches
 【備考】Psychobitches見たかったんです。SKY ARTS シリーズの豪華絢爛なコメディでしたが、気がついたら放送終了していたようです(号泣)評価も非常に高いです。書き手はようわからないのですが、Rebecca Front, Julia Davis, Sharon Horgan, Samantha Spiro, Frances Barber, Sheila Reid, Selina Griffiths, Katy Brand と名うての女子がゾロゾロでてます。どこかで観る機会があったらぜひみたいと思います。

☆Best Sitcom
Bad Education
Count Arthur Strong
Getting On
Peep Show

【備考】National Theatre Liveにて衝撃と驚愕のOTHELLOを見て以来、ことごとく注目せずには居られなくなってしまった俳優ローリー・キニアさん(その前にBlack MirrorS1E1で認知ずみ)が出ておられるCount Arthur Strong。Father Ted & Big Train & IT Crowd等のグレアム・リネハン氏が書いておられるシットコムでして。生コメディで忙しい夏に放送だったようで、ろくすっぽ観れてないのですが、コメディ部の間では評判がよろしいです。そもそもローリー・キニアさん贔屓が多いです。あの容姿でまだ34−5歳とかまったく信じられません。脅威の演技力と驚愕の容姿です。
Bad Educationは前述のジャック・ホワイトホール君の作ったシットコムで、正直FRESH MEATのJPが学校の教師やってるみたいな、そういうノリのシットコムですね。だから視聴率も非常によいらしく、ワテクシのようなオタクがついついハナクソをほじってしまう番組なんですが、一点だけ特記事項があります。それは、このディレクターさんと撮影カメラマンさんが、トイカメラで撮影しているみたいな、かわいい色彩ワールドを展開しているんですよね。ポップでプレップで軽やかなカメラワークで、その点がとても好きです。それがどう笑いと結びつくんだよ!といえば、直結はしないのですが、やっぱりかっこいい映像と高度な笑いは手と手を取り合ってともに歩いていくと思うのです。
Getting On はなぜノミネートされているのか、意味がまったくわからないのですが、色々あるのかもしれません。。。
Peep Show はもはや当たり前なので、説明はぶきます。

☆Best New Comedy Programme
Count Arthur Strong (前述参照)
Cuckoo (S1については書いてます。グレッグ・デイヴィスとアンディ・サムバーグが出てるやつです。
Plebs 
Psychobitches (前述参照)

【備考】 おほん。Plebsはバスデンさんのシットコムです(Tom Basdenカテゴリーをどうぞ)。遠慮しないで自由に書ける環境で書いた作品だから、ホントにコレはおすすめなんです。ホントにいいんです。コレ。コレだけはホントにいいんです!The Wrong Mansで信用を失った感ひとしおなんですが、ホントに信じてください…(涙 → 第3話まではまだイケてると信じてます)

☆Best Male TV Comic

David Mitchell, Would I Lie To You
James Corden, A League of Their Own
Jon Richardson, 8 Out Of 10 Cats Does Countdown
Lee Mack, Would I Lie To You

【備考】このチョイスの背景がまったく読めないです(汗)(&コードンはどうしてでてきたんだろう… )なんだろう、いつもBBCのNever Mind the BuzzcocksやMock the WeekやHIGNFYからばっかりだから、たまにはChannel 4メインで選んでみました、とか? いや選ばれてる方々みな才能お持ちだと思うんですが(いや、だからなぜここにコードンが?)このカテゴリーに選ばれるような、他の芸人さんと一線を画すことって…何だ?(それにしてもなぜコードンが…)

☆Best Female TV Comic

Miranda Hart, Room 101
Nina Conti, Live At The Apollo
Sarah Millican, The Sarah Millican Television Programme
Sue Perkins & Mel Giedroyc, The Great British Bake Off

【備考】British Bake Offってコメディじゃないんですけど(汗)あとRoom 101って今Frank Skinnerでしょ?なんでゲストだったMiranda Hartがこの番組でノミネートされるの? Nina Contiも1回のLive At the Apollo登場回なんですけど、レギュラーじゃないんですけど…
とナゾだらけなんですよ、マジで、ナゾだらけです。ノミネートされてる芸人さんたちに罪はまったくないですし、とても素晴らしい芸人さんたちなんですが、ノミネートの理由が不明すぎです。

☆Best Comedy Entertainment Personality

Adam Hills, The Last Leg
Alan Carr, Alan Carr: Chatty Man
Ant & Dec, Saturday Night Takeaway
Graham Norton, The Graham Norton Show

【備考】ここにアダム・ヒルズが入ることで、なんか新鮮な空気がすえてます。

☆Best Comedy Breakthrough Artist

Adam Hills, The Last Leg
Jonny Sweet, Chickens
Steve Delaney, Count Arthur Strong
Tom Basden, Plebs

【備考】Breakthroughって新鋭芸人とかの業績じゃないでしょうか?なぜここにイギリスでも20年以上キャリアを積んでいるアダム・ヒルズが?(汗)さんざん英パネルショーに準レギュラー出演している勢いの有名人が?(汗)
アダム・ヒルズの謎もとけないままJonny Sweet君やバスデンさんのノミネートに「いつまでBreakthroughカテゴリーに入れるんだよ」とぼやいてもしょうがない気がしますが、バスデンさんがエディンバラで「Breakthrough」系の賞をとったのが6−7年前、ラジオ番組やらで同形等の賞をとったのが5年前、さらにはBAFTAのですでにこのカテゴリーの賞をとって2年は経っているんですよ。デジタルアワードでは普通にメインの賞とってるんですけど、この人。それがBreakthroughって意味がわからないんです。

☆Best TV Comedy Actor
David Mitchell, Peep Show
Greg Davies, Cuckoo
Jack Whitehall, Fresh Meat
Kevin Eldon, It's Kevin

【備考】この番組でKevin Eldonをコメディ俳優カテにいれてるのが、非常に謎なのですが、(だってこの番組はオタクコミュニティが十数年まってようやく観れた、Kevinの作ったTVコメディで、他3つと違って、基盤はスケッチなんですよ。。。) ソレ以外は、納得してもいいかもしれないと思っています。

☆Best TV Comedy Actress
Jo Brand, Getting On
Miranda Hart, Miranda
Vicki Pepperdine, Getting On
Zawe Ashton, Fresh Meat

【備考】Getting Onを押すんですね。去年Hunderbyを押しまくったように、今年はGetting On を押すんですね。よくわかりました。。。

0 件のコメント:

コメントを投稿