イギリスを主とする海外コメディをガツガツご紹介するブログです。産地直送のイキのよいコメディ情報を独断と偏見でピックアップして(だいたい)絶賛します。***トホホな事情が発生して今まで書いていたGo Johnny Go Go Go を更新できなくなってしまいました(涙)今までの膨大な海外コメディ記事はhttp://komeddy.blog130.fc2.com/でございます。。。

2018年6月12日火曜日

Richard GaddさんのBBC Radio4 の番組収録行ってきました!(No spoilers)



地元だったんでー でへ。


http://gildedballoon.co.uk/programme/performances.php?eventId=14:2382

注:Richard Gaddさんはファイフ出身のスコティッシュでございますので、こういうところでお得な目にあうのかと思いますふぉっふぉっふぉ。友人がチケットをゲットしてくれてたので、飛びつきました。

今回の発見としては、Gaddと聴いたら飛びつくファンが殺到し、この収録チケットは速攻なくなるかと思いきや、満席までは行かないという状況で、びっくり。エディンバラ市内の人間だけが行けるような日程で、Gaddさん以外まともにTweetしてる人もいない超ローキー収録のせいかと思います。

いや、なんぼなんでもネタバレはしないですよ。番組放送時にお楽しみください。
30−40分程度の完全スクリプト台本に、バンターネタと伏線を何本も入れ、一気にほんとだったら笑えねーネタで落とす落とす、というWaiting for Gaddotcで魅了した要素を今回もふんだんに盛り込んだGadd コメディの真骨頂でしたよ。
Gadd さん、Monkey See Monkey Doをフリンジとその後1年間あちこちの都市で上演したのちはずっとドラマで良い役に抜擢されることが目立ち、コメディ分野がおとなしく感じられたのです。ですので、この収録がここまで以前に見ていたGadd コメディと変わらぬ際どさをしっかり持っていたことに、すごく!!嬉しさを感じましたし感動もしました。とにかくものすごく秀逸なので絶対聞き逃さないでください。もはや名物、Gaddさんのバンタージョークも! 聞けます!!

【備考】生ガッドさん、3年たったらめっちゃ男前になってた。めっさかっこいいっす。3年前は目力とか顔色とか、変な怖さがありすぎて、近寄りがたかったし、イケメンくんではなかった(と思う!)今日みたガッドさん、めっさかっこえーーー!!! 心も安定したからかもしれないけど笑顔がものすごい似合ってて、うわーナマで見れて超ラッキーって思いました。ので、みんなもナマ・ガッド見て!!!

0 件のコメント:

コメントを投稿