イギリスを主とする海外コメディをガツガツご紹介するブログです。産地直送のイキのよいコメディ情報を独断と偏見でピックアップして(だいたい)絶賛します。***トホホな事情が発生して今まで書いていたGo Johnny Go Go Go を更新できなくなってしまいました(涙)今までの膨大な海外コメディ記事はhttp://komeddy.blog130.fc2.com/でございます。。。

2014年1月22日水曜日

BBC Three シットコム「Uncle」が想像を遙かに上回るレベルで素晴らしい件について

いや、マジでびっくりしました。
Nick Helmが主演するBabyCow Productionのシットコム「Uncle」
このシットコム放送開始前の紹介についてはこちらをどうぞ

いやいやいやいや、本当に素晴らしい脚本&演出です。さすがは、ミシェル・ゴンドリーやノーム・バウバック監督やなんかのところで仕事していただけある人です。セリフ、映像ともにセンスが抜群すぎます。こんなにクオリティが高くていいんでしょうか!BBC3の夜10時じゃもったいなさすぎませんか?!マイナーっていうレベルじゃないですコレ。

シットコムというフィクションのプロットの中でありながら、あの!あれだけ時代錯誤しちゃったニック・ヘルム自身の、ライブの彼の笑いの魅力を、ここまでセンスよく、TVフォーマットに抽出できちゃうなんて、誰が想像したでしょうか。ワタクシ、完全にオリヴァー・レフソンさんにハート射抜かれましたわ。すごい才能の持ち主だと思います。そしてニック・ヘルムはラッキーだと思います。色々心のなかで葛藤はあったかもしれないけど、キミがそこを我慢して黙って言うとおりに”演技”をしたおかげで、番組は大成功、君の魅力も花開き、すごいことになっているじゃないですか。

それと、放送開始前のシノプシスでは、てっきり姉に問題があって、甥っ子を育てなければならなくなった。。。的な展開かと思っていましたが、違いました。ニック・ヘルムが底なしのルーザーで、性格もずるい、屈折した役柄にも関わらず、ルーザーのやるせなさ、せつなさ、それでもひとしずくの希望を持たずにはいられない、そしてひとしずくの救いがあるからこそ、なんだか生きているんですね。いじめられっこで、両親(つまりニック扮するアンディの姉とそのだんな)が離婚している甥っ子と本能的に通い合う部分を、超ナチュラルに、さりげなく、みせてくれる。第2話なんか、最後じいいんとしちゃいましたもん。このオフビート感は、めっちゃ好みです。

まちがいなく、名作です。ぜひみてください。

3 件のコメント:

  1. 新米部員ケン2014年2月1日 9:34

    台詞、映像、ちょっとほっこりくる感じと全て同感です。iplayerに貯めてた3話、一気に観ちゃいました!出演者、スタッフ誰ひとりとして知らなかったんですが、さすがBaby Cow、年始からイイ作品に会えました!

    返信削除
  2. whiteanklesocks2014年2月1日 20:16

    でっしょー!! このテイストはなかなかのクオリティだよね! ところで新しい部員さん(女子)が入りましたので、もう新米じゃありません。よろしくお願いします。

    返信削除
  3. 部員No. 3?4?5?ケン2014年2月1日 22:28

    そうなんですか!?着々と勢力拡大中ですね(笑)
    Babylonも期待大ですね!

    今後ともよろしくお願いします。

    返信削除